ガソリン トーチランプの修理

 先日アップしました、吊り花入の金具を作るのに、カートリッジ式のトーチランプを使っていますが、カートリッジが高い上に、持ちがわるいです。

 ガソリントーチランプも持っていますし、燃料のガソリンは安いので、こちらを使うことにしました。
ガソリンが安いと言っても、燃料用のホワイトガソリン(白ガス)は、エンジン用のガソリン(赤ガス)の何倍もの値段です。
臭いがするのと、煤が出やすいのが欠点ですが、安いので、赤ガスを使っています。
 ただし、このトーチランプは、ガソリンを入れたり、ポンプを押しての加圧、燃焼部分の余熱など点火までが面倒です。

 久しぶりに、ガソリントーチランプを使おうとすると、ニードル弁を留めているナットからガソリンが漏れていて、締めても止まりません。
年数が経っているので、パッキンがいかれているのだと思い、ナット内の、パッキンを外そうとしましたが取れません。
 
 技術顧問(?)の金工家、T中 氏の電話して聞くと、それは麻ひものパッキンが硬化しているのだろう、との事です。

 一晩、ガソリン漬けにして置いたり、外からトーチランプで焙ったりして、やっと取り除きましたが、ネットで探しても、大きさの合う耐油パッキンは有りません。
又もや、技術顧問の電話して聞くと、その様な物は自分で作るのだ、と言われました。

 NBRゴム(ニトリロゴム)板をネットで購入して、ポンチで打ち抜き、パッキンを作り、
復活させた、ガソリントーチランプをアップします。

 ・ トーチランプのニードル弁付近で、 の辺りからガソリンが漏れていました。
c0081499_1275670.jpg


 ・ 外した、ニードル弁とナット。
c0081499_1291746.jpg


 ・ 厚さ3ミリの、NBRゴムシートを、10㎜と、6㎜のポンチで打ち抜いて作った、ゴムパッキン。
c0081499_12112778.jpg


 ・ 直った、トーチランプ、勢いよく炎が出ています。1Lのガソリンで、1時間近く続くとの事ですが・・・。
c0081499_12135652.jpg
 
by yamauchi-bizen | 2010-11-29 12:32 | 修理 | Comments(6)
Commented by アーネスト at 2010-11-29 14:37 x
 パッキンの作り方、なるほど合点しました。 お袋がメリケン粉を練ってドーナツを作っていたのを 思い出しました。 
Commented by okadasakura at 2010-11-29 20:35 x
当方の全く不得手の分野。トーチランプとは、明かりの松明ランプ。しかし、溶接の道具のようですね。貴方の器用さには感服。
祈る、ご精進。
Commented by 美濃の茶碗屋 at 2010-11-29 20:50 x
お見事修理!脱帽です。良き指南役をお持ちですネ。ガソリントーチランプとても懐かしいです。その昔、素焼き窯の電熱線(ニクロム?)の断線修理に何度も使いました。「真綿焼」の際の鉄材赤熱化なら、小型ブロアを使って簡易コークス炉と言う手はどうでしょうか?
Commented by yamauchi-bizen at 2010-11-30 17:53
アーネストさん、金工の均さんにやり方を教えて貰いました。

okadasakuraさん、トーチランプは溶接ではなくて、鉄棒を赤化して曲げたり、黒色に着色するための加熱に使います。

茶碗屋さん、私は窯元に勤めていた時、電気炉のカンタル線を修理に使っていました。
真綿焼は、赤化までいかなくて、色が変わる(黒っぽく)程度ですので、トーチランプで十分です。
Commented by 足柄山の天狗 at 2010-12-01 07:07 x
「・ 厚さ3ミリの、NBRゴムシートを、10㎜と、6㎜のポンチで打ち抜いて作った、ゴムパッキン。」これを取り付けるのですか。さすが、山内さんは器用ですね。感心いたします。
金工の均さんは、私も知っています。
Commented by yamauchi-bizen at 2010-12-01 18:57
足柄山さん、この程度では器用とは言いません。やきもん屋には、もっと器用な人が沢山いますよ。
<< 吊り花入の金具制作・1 木工バイス >>