<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

和仁 展に行ってきました

 岡山高島屋美術画廊で開かれている、和仁栄幸 氏の個展を見にいってきました。

会場には氏の備前焼作品、花器、食器、茶器など約100点が展示してありましたが、なかなか味わいの有る作でした。

偶然、私の友人でもある長船在の刀匠、青木 盛家 氏に会いました。会場風景と、青木、和仁両氏の写真をアップします。
c0081499_20464422.jpg

c0081499_20491192.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-09-29 20:50 | アート | Comments(1)

窖窯を作る/床張り

 重さ9キロ弱のレンガを約180丁、窯床に張るのは老体には堪えましたが、やっと終わりました。
これで窯の内側からのレンガ積みは終わりで、後は竹で作った窯型の上にレンガを乗せて天井部分を作ります。
c0081499_12425894.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-09-28 12:45 | 陶芸 | Comments(2)

和仁 栄幸 作陶展

 友人の和仁 栄幸 氏の備前焼・作陶展が岡山高島屋美術画廊で開かれています。
機会がありましたら見て下さい。
c0081499_21333383.jpg

         会期/平成18年9月27日(水)~10月3日(火)
         会場/岡山高島屋7F美術画廊
by yamauchi-bizen | 2006-09-27 21:37 | アート | Comments(2)

これは何だかわかりますか?

 この植物は何だかわかりますか?
左は発芽したところで、右は1年物です。
c0081499_20134143.jpg

 答えは「アボガド」です。
アボガドを食べた後、大きな種を半分出して植えて、水をやっていると種が割れて発芽します。
 きれいな緑の葉なので観葉植物になりますが、寒さに弱いので冬は室内に入れる必要が有ります。何年も育てたことがありますが、実は出来ません。
作っているのは愚妻です、為念。
by yamauchi-bizen | 2006-09-24 20:24 | 自然 | Comments(3)

秋の味覚

 先日、お二方からブドウを頂きました。
岡山県は果物の生産が盛んでブドウも沢山作られています。今、一番の人気は「桃太郎」という皮ごと食べることの出来る新品種ですが、頂いたものを食べてしまったので写真にアップすることが出来ません。
 写真のは右からピオーネ、キング、吉備路(?)の各品種でそれぞれ美味しいです。
生産農家は次ぎに流行る品種を早く育てなくてはならないので、大変だそうです。
c0081499_20414127.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-09-21 20:43 | 食物 | Comments(3)

窖窯を作る/煙道

 窯本体と、煙突(垂直煙道)を繋ぐ部分が水平煙道です。
この煙道を大きくしたいので天井部分をアーチ構造にしました。(通常は、平4丁などの大型レンガを掛けます)
 アーチ構造と言ってもセリレンガを使うのは勿体ないので、中古のレンガにレンガ片をクサビ状に打ち込み、キャスター(キャスタブル耐火物)を詰めての作です。
途中にダンパーが入る構造なので同じ物を2個作り、つなげました。

 クシ型と呼ばれる受け台の上にレンガを並べて作っているところと、完成した写真をアップします。

 ※ ダンパー ・窯と煙道の間にもうける遮断板で排ガスの調整をさせる。
c0081499_21291119.jpg
c0081499_2129237.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-09-19 21:36 | 陶芸 | Comments(5)

おかやまの民話・原画展

 同級生で友人の堀川 節子(旧姓・内田)さんが描き、山陽新聞に連載された「おかやまの民話12選」の原画展が新築された山陽新聞社本社ビル2F、さん太ギャラリーで9月19日(火)~24日(日)まで開かれています。
 機会がありましたら見て下さい。
c0081499_2252374.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-09-18 22:05 | アート | Comments(0)

窖窯を作る/全体像が、

 窯壁作りは、中古レンガを使っていることもあり、はなんだか発掘現場のようでしたが全体がつながりやっと様になりました。
後は水平煙道のアーチ、窯床の上張りなどが終わると、いよいよ天井部のアーチとなります。
c0081499_227183.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-09-15 22:10 | 陶芸 | Comments(6)

窖窯を作る/レンガを切る

 前回の続きですが、大型レンガをチスで切っています。切ると言うより割るという感じですが。
上手く、パカッと割れたときは快感ものです。
c0081499_20292021.jpg

 レンガ切り口の凹凸は超鋼金付きの「ハツリ」で削ります。
c0081499_20332345.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-09-13 20:36 | 陶芸 | Comments(4)

窖窯を作る/ダイアモンド工具

 レンガを切るのにチス(レンガタガネ)とトンカチを使っていましたが、あまりにも時間がかかるのと、床の上張レンガを多く切る必要があるので、高速切断機につけるダイアモンド カッターを購入しました。
SK32番の並型レンガは木材なみにスパッと切れますが、刃は約4万円と非常に高価でした。

 以前から持っていた研磨用ダイアモンドカップ付きディスクグラインダーと、355mmの高速切断機の写真をアップします。

レトロな道具が多い中の電動工具です。
c0081499_2162279.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-09-11 21:09 | 陶芸 | Comments(3)