<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

窖窯をつくる/煙突

 煙突を作っていますが、耐火レンガは風雨に弱いので赤レンガで外巻きしています。つまり、耐火レンガと赤レンガの二重構造です。

 赤レンガ積みはセメントモルタルの1㎝目地ですので、手間がかかり大変です。

先ず、鉄工所で金具(煙突バンド)を作ってもらい、金具に添ってレンガを積んでいる写真をアップします。
c0081499_21433650.jpg


 
by yamauchi-bizen | 2006-11-29 21:46 | 陶芸 | Comments(5)

小川尊一 油絵展

 畏友、小川 氏の個展を岡山高島屋美術画廊に見に行きました。
相変わらず、沢山のファンが見に来ていました。

展示されている作品の中で、私が気に入ったものをアップします。
c0081499_20294680.jpg

          ・彼には珍しいシュールな作品です
c0081499_20305165.jpg

                ・小品ですがとても好ましい作です

会期/11月22日(水)~28日(火)
会場/岡山高島屋 7F 美術画廊 (AM10:00~PM7:30)
略歴
   ・1945 笠岡市生まれ
   ・1973 日展初入選 以降 特選2回
   ・1983 岡山高島屋にて初個展(以降3年おきに開催)
   ・2002 日展審査員
   ・2006 山陽新聞社章(文化功労)受賞
     現在 岡山大学教授、創元会理事、日展会員
by yamauchi-bizen | 2006-11-24 20:39 | アート | Comments(2)

窖窯をつくる/窯完成

 窯に上土を塗り終わりました。 断熱の効果もありますが、ボロ隠しの意味もあり可成りの厚化粧です。

 これで窯本体は完成です。作り始めてから3ヶ月ちょっとかかりました。3ヶ月で煙突も完成の予定でしたので、少し遅れ気味です。

 窯の形は「ナマズ」のようです。
c0081499_12264288.jpg
c0081499_1227488.jpg

     
by yamauchi-bizen | 2006-11-23 12:29 | 陶芸 | Comments(4)

窖窯を作る/足場

 今日は垂直煙道(煙突)作りの為の足場を足場丸太で組みました。

 シノと番線は一応使えますが高いところは苦手ですので、にわか「鳶」は大変でした。
c0081499_21231520.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-11-20 21:26 | 陶芸 | Comments(3)

アメリカ ザリガニ

 用水を覗いて見ると アメリカ ザリガニがいました。 昔は沢山いたのに近年は見ることが少なくなっていましたが、今年は結構見かけました。

 カラスの餌になったようで、夏に水田の横で殻をよく見かけました。

 このあたりではこのアメリカザリガニのことを「トーチカ」と呼びます。
c0081499_20481227.jpg

       彼(彼女?)は怒っています。
by yamauchi-bizen | 2006-11-19 20:49 | 自然 | Comments(2)

窖窯をつくる/赤煉瓦

 煙突の外巻き用に赤レンガを使います。
赤レンガは広島県安芸津町から竹原市あたりに工場が沢山ありますが、知人の耐火煉瓦営業マンにその1軒を紹介していただきました。

 電話連絡をすると、1,200個ほどの数では運送屋に頼むと高くつくと言うので、友人の4トン車(ユニック付)を借りて自分で運びました。

 有料道路通行料(山陽~河内)、燃料代などを考えるとかなり高くつきましたが、赤レンガ工場の見学もかねて竹原市吉名町に1日がかりでのんびりと行ってきました。

 工場は瀬戸内海が見渡せる素晴らしいロケーションの場所にありました。備前の耐火煉瓦工場と同じ様に、昔は海運を利用していたのでしょう。

 トラックに赤レンガを積み込んでいる写真をアップします。
c0081499_19383142.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-11-17 20:53 | 陶芸 | Comments(4)

窖窯/上土塗り

 窖窯のレンガ積が終わったので、壁土屋さんに上塗り用の土を特注して窖窯に塗っています。

断熱モルタル50%、山土50% (スサ入)ですが、天井部分には断熱の為にレンガ厚(6.5㎝)に塗ると言うより敷いています。

一度に敷くとひび割れますので2回に分けて、木槌で締めながら敷いているところです。
c0081499_22415879.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-11-16 22:45 | 陶芸 | Comments(2)

窖窯を作る/窯内型を外す

 レンガ積みが終わればなるべく早く型を外して、モルタルが固まる前にレンガの自重で窯を締めるのがよいと言われていますので、竹で作った窯内型を外しました。

 内側から見たところ、レンガ組は概ね上手くできていました。所々、レンガが出過ぎたり、モルタルが切れている場所もありましたが。

 支柱を取り除き、竹組を外している途中の写真をアップします。
c0081499_21314795.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-11-10 21:34 | 陶芸 | Comments(6)

窖窯を作る/頭頂部のレンガ組

 窖窯本体のレンガ組も最終段階に入り、頭頂部のアーチをセリレンガで組んでいます。
脚立では届かなくなり、足場丸太を番線で上屋の鉄柱に縛り、歩み板をかけての作業です。

 ドーム状の窯天井を一方向に落ちた縦落レンガで作るのは大変です。上手く行かないところはキャスターで埋めていますが、キャスター様、様です。

歩み板に乗って、レンガ積をしている写真をアップします。
c0081499_2111061.jpg

by yamauchi-bizen | 2006-11-05 21:16 | 陶芸 | Comments(7)