<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

坂根堰

 私の住んでいる坂根部落をながれる大用水は吉井川(岡山県三大河川の1つ)から、国土交通省・岡山県河川事務所の管理する坂根関により取水されています。
この堰はS55年から運用されていますが、以前は江戸時代に熊沢蕃山によって作られたと言われていた自然石の堰で、農業用水もゆるやかな流れで鮎などの魚類も豊富でした。
新しい坂根関が出来てからは川漁は出来なくなり、僅かに川蟹がとれるだけとなってしまいました。

 冗談のように「備前十景・坂根堰」の看板が出ていますが、これは以前の堰のことであろうとおもいます。

c0081499_1534516.jpg

by yamauchi-bizen | 2007-01-31 15:36 | その他 | Comments(0)

窖窯を作る/焚口蓋

 窖窯、カガミの焚き口の蓋を設置しました。
鉄製の蓋は昨年末に出来上がっていたのですが、窯上屋の棟木(鉄骨)にワイヤーで吊すためにU字形の金具を溶接する必要がありました。

 頼んでおいた鉄工所がやっと金具付けてくれましたので、セットしました。ダンパーと同じくカウンターウエイト式で円形のウエイトボックスでバランスを取ります。蓋の厚さは50mmで、中はキャスターが鋳込んであります。
 便宜上、地上まで降ろした、蓋とウエイトボックスの写真をアップします。

これで窖窯作りは完全に終了です。

c0081499_20143379.jpgc0081499_20151683.jpg
by yamauchi-bizen | 2007-01-23 20:20 | 陶芸 | Comments(6)

寧 静 致 遠

 友人より頂き、座敷に掛けている玉邨書の横額に「寧静致遠」と書いてあります。
どの様な意味なのかと気になり調べてみましたところ、かの有名な諸葛 孔明の書き残した「誡子書(カイシショ)」の中の言葉、澹泊明志 寧静致遠 からの出典とわかりました。

 意味は「寧静な心持ちでないと、遠大な境地には到れない」で、戦場で死に際したとき、息子に贈った言葉だそうです。
c0081499_19195939.jpg

  ※柚木玉邨、文人画家。岡山県浅口郡玉島村(現倉敷市玉島)、柚木竹叟の三男。 本名を方啓といい、南画を玉島に来ていた清国人胡鉄梅について学び、のちに宋・元の古法を研究、さらに書道・詩文に通達、流麗で品格の高い文人画をかいた。昭和二年日本書道振興会展に出品した「蕙蘭草蘭図」は日東賞第一席となる。泰東書道院審査員、平安書道会審員、昭和十六年合同新聞社から文化賞を受ける。主著に「玉邨畫話」「品茶譜」「瓊島仙館畫存」「雙璧斎瑣談」などがある。
by yamauchi-bizen | 2007-01-18 19:32 | アート | Comments(2)

寒バエ

 午前中、温かかったので窯場横を流れる用水で投網を投げ、寒バエ(オイカワ)を獲りました。
温かいためかハエは群れになっていなくて1回で3~10匹しか獲れません。何度も繰り返してやっと、100匹ほどゲットしました。

 オイカワだけでなく、田モロコ、フナ、この当たりではカメンタと呼ばれているパラタナゴも獲れました。
パラタナゴは婚姻色がきれいなので、観賞用に飼う友人宅へ。

 オイカワは今夕の酒の肴です。
c0081499_16102964.jpg


 カメンタ(パラタナゴ)
c0081499_16113572.jpg

by yamauchi-bizen | 2007-01-15 16:23 | 食物 | Comments(6)

窖窯を作る/ダンパー設置

 鉄工所で作ってもらった、ダンパー フレームを水平煙道脇に建て、ワイヤーで出来上がったダンパーを吊り下げました。ウエイトボックスはまだ空ですので、「全閉」の状態です。
滑車は市販の重量戸車を加工して転用。
c0081499_18341564.jpg

by yamauchi-bizen | 2007-01-12 18:39 | 陶芸 | Comments(4)

窖窯を作る/ダンパー

 窯に「ダンパー」という場所があります。
排ガスの量を調整をして、焼成の具合を整えますが、備前窯のように燃料は割木、自然通風の窯では大切な装置だと思います。

 そのダンパー枠を鉄工所に頼んでおいたところ、届きましたのでキャスターを鋳込んで作りました。 木製の枠作り → キャスター鋳込 → 枠を外して耐熱塗料を鉄部に塗って完成、 の写真をアップします。

48㎝×73㎝、厚10㎝のダンパーは金具の重さもあり、80キロ以上有ります。
c0081499_018979.jpg

c0081499_0333413.jpg

c0081499_0182979.jpg

by yamauchi-bizen | 2007-01-11 00:26 | 陶芸 | Comments(3)

備庵

 「陶麗 備庵」が開店しました。 拙作を使った和風喫茶店 & 備前焼販売店です。
友人の篠原さんが退職後の仕事にと始めましたが、退職が1年延長されたので知人の奥さんが店番(?)、篠原さんは土曜日のみだそうです。
c0081499_10145572.jpg


拙作を並べたコーナーです。
c0081499_1016818.jpg


オーナーの篠原さん
c0081499_10164512.jpg


茶ろん・陶麗 備庵(トレビアンともよめます)

・京都市中京区猪熊通姉小路上ル
・電話075-801-0087
・午前10:00~午後5:00
・日、月曜日定休
by yamauchi-bizen | 2007-01-09 10:24 | 陶芸 | Comments(2)

備庵、オープン!

 京都在の知人が備前焼専門店「陶麗 備庵」をつくり、明日(1月7日)オープンです。
私の作品をメインに販売すると言うので、7・8日と開店のお手伝いです。
c0081499_2213467.jpg

by yamauchi-bizen | 2007-01-06 22:04 | 陶芸 | Comments(2)

正月

 玄関の「お飾り」です。 父が元気な時は稲藁で作っていましたが、私は出来ないのでホームセンターで買っています。品名は「岡山・大」

 橙は友人の庭から、山草(ウラジロ)は近くの山からの調達です。1日かざりは縁起が悪い、と言われていますので、30日に飾りつけました。

c0081499_13394549.jpg


※ 新年なので気分一新、ブログのスキンを変えました。

 
by yamauchi-bizen | 2007-01-01 13:42 | その他 | Comments(2)