<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

つる付花入のツルを付ける

 今朝、つる付花入のツルを付けましたが、時々、付け方を教えてほしいという人がいますのでツルを付けている写真アップておいて、「ブログを見て下さい」、と言うことにします。

 使う材料は陶芸材料店で売っている「カズラ」と呼ばれているツルですが、植物名はわかりません。 ツヅラフジもしくはアオツヅラフジではないかと思います。
c0081499_12245696.jpg

 ・カズラは一晩水に浸けて柔らかくしておきます。道具はニッパ、先曲ラジオペンチ、ハサミなど。
c0081499_12311085.jpg

 ・1本の長いカズラではなくて、 柄の部分2倍+折り返し部分の長さのカズラ2本、 太さが足りない場合入れるカズラ、 1メートルほどのしっかりしたカズラ1本で作ります。
c0081499_12385420.jpg

 ・まず、のカズラ2本を片方の穴に通し、一方は折り返すことの出来る長さに調節して、のカズラも同じように穴に通します。柄の部分の太さが足りない場合はのカズラを入れて太くします。
c0081499_13432328.jpg

 ・のカズラを適当な間隔で巻き付けます。
c0081499_14113617.jpg

 ・のカズラ2本を穴に通し、折り返します。
c0081499_14214166.jpg

 ・のカズラも穴に通し、ダミーの短いカズラを加えて根元をキッチリと巻きます。
c0081499_14224650.jpg

 ・ダミーを抜き、替わりののカズラを通して、ラジオペンチでしっかり引っ張り、端をニッパで切りそろえます。
c0081499_14232185.jpg

 ・出来上がったツルです。この付け方は京都在の陶芸家・O君に教わりましたが、すこし改良(?)しました。
土瓶のツルや、猪徳利のツルも同じ方法で付けます。
by yamauchi-bizen | 2007-09-27 14:26 | 陶芸 | Comments(12)

暑さ寒さも彼岸まで

 暑さ寒さも彼岸まで、と言われていますが、暑さも少し凌ぎやすくなったかなと思われます。

 庭では秋の花、白萩が咲いています。赤いルコウソウ(縷紅草)も可憐な花をつけています。
c0081499_1604891.jpg

c0081499_1654199.jpg

by yamauchi-bizen | 2007-09-24 16:06 | | Comments(5)

クレソン

 香登(小字・奥谷)在の友人宅に行く途中、ふと、谷川を覗くとクレソン(ウォータークレス)が茂っているではありませんか!

 これは私が10年ほど前に、トロ箱一杯のクレソンを流したものが根付いたのです。
近所の用水にクレソンが自生していますが、上流に集落があり、生活排水が流れ込むために異常に繁茂して食べる雰囲気ではありませんでした。清流の奥谷に移植しようとしたのですが、失敗したのだな、と思っていました。

 さっそく取って、サラダにして食べましたが美味しかったです。クレソンの苦みが大好きなので、楽しみが増えました。
c0081499_21393816.jpg

   c0081499_214028.jpg







・取ったクレソン、清流のため大きさが丁度良い
by yamauchi-bizen | 2007-09-19 21:48 | 食物 | Comments(7)

中華料理店「忠峰」

 自宅から歩いて3分で行ける中華料理店「忠峰」を紹介します。
場所は国道2号線沿、「二の樋信号」の北西角です。若い中国人調理人、張 忠峰 さんが2年ほど前に美人の奥方と二人で始めました。

 最初は本格的中国味とでも言ったらいいのか、かなりきつい味でしたが今はマイルドで美味しい味となりました。

 豚足、中華おこげ、干豆腐サラダなど美味しい品は多いのですが、炸醤麺(ジャージャーメン)が一番のお薦めです。
c0081499_21262616.jpg

c0081499_21521552.jpgc0081499_21553690.jpg
 







・お薦めの炸醤麺                         ・張 忠峰 さん

 ※追加情報です その後、気になり、炸醤麺を検索していると、世界の麺情報のサイトが見つかりましたので書いておきます。世界中の色々の炸醤麺が見られます。
    《原色世界炸醤麺図鑑》
by yamauchi-bizen | 2007-09-17 21:54 | 食物 | Comments(9)

食の器展

 伊部駅前の「ギャラリー 森」で、今日から「食の器」というテーマで7人展が始まりました。
私も12点、出品していますのでお近へおいでの時は見て下さい。
c0081499_12251168.jpg

        ・会期/9月15日(土) ~ 25日(火) AM10:00-PM6:00
        ・会場/ギャラリー 森
              備前市伊部1672(JR伊部駅前、備前信用本店東隣)
by yamauchi-bizen | 2007-09-15 12:32 | 陶芸 | Comments(7)

木ササゲ

 隣の工場の駐車場に「木ササゲ」という変わった樹があり、例年この頃になると名前の由来になったササゲ(大角豆)に似た実を沢山つけます。

 調べて見ると、この木ササゲは中国原産で実は漢方薬の原料になり、利尿効果があるそうです。
c0081499_9591632.jpg

c0081499_20253386.jpg

by yamauchi-bizen | 2007-09-14 10:00 | 自然 | Comments(5)

軒下のトラ

 今日、9月9日は重陽の節句だというのに30℃をこえる暑い日が続いていますが、皆様 お元気でお過ごしのことと思います。

 我家の軒下を貸している、フーテンの寅ならぬ、ノラ猫の「トラ」を紹介します。(♂)
4,5年前から住みついて、動物好きの家内に餌を貰っていますが、喧嘩でケガをしてよわっている時や、厳寒の夜などに時々、部屋に入れているとだんだんと図々しくなり、自分で雨戸を開けて入ってくるようになりました。

 今では、1日の3分1ぐらいは室内で寝て、名もトラと呼ばれるようになりました。
c0081499_9485453.jpg

        ・いつもはこの様に庭先でエサを貰っています
c0081499_9502440.jpg

        ・お気に入りの家内のスリッパにくっついて寝ています
by yamauchi-bizen | 2007-09-09 09:58 | その他 | Comments(10)

ロクロ(電動轆轤)

 今日、遅れていたロクロ座の掃除をしました。 私は胡座(あぐら)式ですのでロクロ座の下にロクロ本体が有り、簡単には掃除が出来ません。
従って、窯焚あとにロクロを整備、掃除しますが、使用しているロクロはシンポのRX-4Fと言う135㎏もの重量のあるロクロです。

 一人ではとてもロクロ座から出せませんので、足場用鉄パイプ、玉掛けワイヤー、ターンパックル等でロクロ座に吊り下げて、鉄パイプのコロをかませて引き出しています。

 このロクロは8年前に、プロ仕様という言葉につられて、つい新製品を買ったのですが3度も故障をした欠陥品です。変速レバーの穴が防水されていない為に2年ほどすると、錆び付いて動かなくなります。私は自分でアルミ製の泥よけを作り、取り付けていますが、これで大分長持ちします。 現製品は改良をしているかもしれません。

又、電磁クラッチのスイッチが機械式のために3年で壊れましたが、これは、シンポが光電管式に改良しました。(有料)

 わかりにくいですが、「泥よけ」を付けたロクロの写真と、掃除が終わり上記の装置で吊り下げてロクロ座に入れる写真をアップします。
c0081499_193718.jpg
c0081499_19372040.jpg
 
  
by yamauchi-bizen | 2007-09-04 19:42 | 陶芸 | Comments(13)