<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

創作器展 搬入

c0081499_13564652.jpg

  会期/4月29日(水) ~ 5月10日(日) AM10:00-PM6:00
  会場/ギャラリー森  備前市伊部1671-1(℡0869-63-2922)
  出品者/・黒田儀男 ・安田龍彦 ・星正幸 ・森丁斉 ・清水忍 ・清水政幸 ・山内厚可

 備前焼作家7名による、ギャラリー森でのグループ展も3回目です。
今回与えられたテーマは「創作」 、陶芸家としては当然のことですが、なかなか重いテーマでした。

 明日からの展示会に搬入された作品をアップします。
期間中にお出でになる機会があれば、是非ご覧下さい。
c0081499_22171867.jpg
c0081499_22172452.jpg
c0081499_22172676.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-04-28 22:28 | 陶芸 | Comments(6)

マグ カップ を作る・2

 先日水挽きした、マグ カップのボディの高台を削り、ハンドル(取っ手)を付けています。

 ハンドルの作り方は色々の方法がありますが、私は、豪州人 W氏に教わった、大体の形を作り、水で延ばしながら形を整えるという方法に、湿った布を被せヘラで線文を付ける、をプラスして作っています。

・ まず、粘土でハンドルの形を作り
c0081499_1715327.jpg


・ 次に、湿らせた布を被せ、指先でしごいて形を整えて
c0081499_1751915.jpg


・ 竹製の専用具で、線文(2本)を入れます
c0081499_177135.jpg


・ あらかじめカキヤブリで、付ける場所を荒らしておいたボディに付けて
c0081499_1785591.jpg


・ 形を整えて、出来上がりです
c0081499_1783833.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-04-22 17:18 | 陶芸 | Comments(5)

マグ カップ を作る

 今、マグ カップを水挽きしています。私は、ほとんどの物は一個引きで作るのですが、一個引きではきれいな形が出来にくい形なので、今回は棒引きです。

 マグ カップは作っていましたが、この形は新作で凹んだところにハンドルが付きます。

c0081499_21241332.jpg

※棒引き - ロクロで水挽する時に、粘土塊から連続して形を作る方法、小物を作るのに適している。
by yamauchi-bizen | 2009-04-19 21:46 | 陶芸 | Comments(6)

白い花

 春爛漫の候、赤、黄、紫などなど、色々な花が咲き乱れていますが、好きな白い花も沢山咲いています。

庭に咲いている、白い花をアップしますのでご覧下さい。

 ・ まず、シロヤマブキ。ヤマブキに似ていますが、白いヤマブキではなくて、シロヤマブキ種だそうです。ヤマブキは5弁ですが、これは4弁。
c0081499_2211982.jpg


 ・ ドウダンツツジ、漢名の満天星の如く、小さな花が沢山付いています。
c0081499_22141945.jpg


 ・ 椿もそろそろ終わりです。
c0081499_22173473.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-04-15 22:25 | | Comments(10)

和食会席 紅葉(もみじ)

 先日、友人と長船町飯井にある、和食会席の店「紅葉」に昼食に行きました。

「紅葉」は、料理好きのMさんが自宅の近くに、12年前に開いた和食の店ですが、分かりにくい所にあるので、隠れ美味い処的な店です。
 行のは久しぶりでしたが、平日なのに、ほぼ満席の賑わいでした。後で聞いたところによると、TVで紹介されたりして、知る人ぞ知る店として有名だそうです。

 ・ 紅葉の玄関、店は本格的な日本建築の造りです
c0081499_9475530.jpg


 ・ 食べた、日替わり昼食(1,260円) 
c0081499_9493441.jpg

    ※和食会席料理「紅葉」 ・ 瀬戸内市長船町飯井1513(℡0869-26-4447)
by yamauchi-bizen | 2009-04-11 09:55 | 出かける | Comments(3)

山笑ふ

 春爛漫、桜花は盛りをすぎ、桃花が満開。春の季語に「山笑ふ」がありますが、まさにその、山が笑っているような季節になりました。

 近所で撮した、「笑う山」をアップします。ご覧下さい。
c0081499_14175947.jpg

c0081499_14332389.jpg

 ちなみに、山笑ふは、「臥遊録」という書物の中に、「春山は淡治にして笑うが如く、夏山蒼翠にして滴るが如く、秋山明浄にして粧が如く、冬山惨淡にして眠るが如し」とあり、この文中から取られた季語です。 
春 - 山笑ふ 夏- 山滴る 秋 - 山装う  冬 - 山眠る
by yamauchi-bizen | 2009-04-09 14:35 | 自然 | Comments(6)

珍味 !

 友人のT 君が、貰い物だけど、と言って、「このこ」を持ってきました。 彼は、この様なモノで、食べることが出来ない物を、お前は何でも食べるから、下賜くださいます。

 「このこ」は滅多に口にする事はないので有難く頂戴し、早速いただきましたが、とても美味しかったです。

c0081499_2051534.jpg

   ※このこは海鼠(ナマコ)の卵巣で、日本三大珍味の一つ、干した物は、ばちことも言う
by yamauchi-bizen | 2009-04-04 21:01 | 食物 | Comments(5)