<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

石原田園ギャラリー・アート&クラフト展

 石原田園ギャラリーで開かれている、アート&クラフト・ギャラリー展を見に行きました。

 石原オーナー夫妻の作品をはじめ、林 淳子さんの磁器、田中 典子さんの油絵など魅力的な作品が並んでいました。
又、西村 孝子さんの山野草の寄せ植も面白く、人気があるそうです。

 ・ 田園ギャラリーのアプローチ
c0081499_2283895.jpg


 ・ 田園ギャラリーマダム、育子さん
c0081499_2220918.jpg


 ・ 展示されている種々の作品
c0081499_22132980.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-10-23 22:21 | アート | Comments(10)

ウナギ釣り、その後(2)

 ある事情により、1ヶ月半ほどウナギ釣りを休んでいました。

 10月も後半で、ウナギ釣りもそろそろ終わりですが、吉井川河口の九幡では、量は少ないが、大型のウナギが釣れているという情報が入りました。
九幡と言えば、有名な「青ウナギ」の生息している、児島湾です。
早速行ってみましたが、秋でドバミミズはいないので、餌はゲンダ(アナシャコ)です。

 結果は、3日間行って、ボーズ1回、1匹2回でした。しかし、ウナギは大きかったです。

・ この様な石組みの海岸で釣り易かったです。ケミホタルを付けた釣り竿の間に、ペットボトルも置いています。竿3本、ペットボトル5本です。
c0081499_2011375.jpg


・ 釣れた、ウナギ。今夕、捌く前に撮影しましたが、大きい方は74㎝(70㎝の俎板からはみ出ています)、620グラムの超大物!
c0081499_20182919.jpg


夕食に、小さい方(小さいと言っても65㎝、440㌘の大物)を食べましたが、とても柔らかくて美味しく、青ウナギ(アナシャコウナギ)の人気のほどが判りました。
by yamauchi-bizen | 2009-10-21 20:32 | ウナギ | Comments(6)

備前焼まつり / 暗躍する、ゲリラ達

 17、18日と開かれていた、備前焼まつりも好天にめぐまれて、盛会のうちに終わりました。

 18日の午後が伝産会館・3階売場の当番になっていましたので、早めに行き、友人の店などを見て回りました。
伊部駅周辺の窯元、特設会場のテント村以外にも、周辺の広場、駐車場などを利用して沢山の店が出ていました。

 主催は、備前焼陶友会(協同組合)なのですが、祭を盛り上げるために、会員以外の出店も黙認していますので、若い陶芸家が大活躍(?)していました。
・ ゲリラ歴10年、隊長 S 氏
c0081499_9443332.jpg

・ 電卓で割り引き値を示す、ゲリラ W君、ウワサでは売上ナンバー1!
c0081499_9462342.jpg

 ・ 女性ゲリラ N さん
c0081499_9474486.jpg

 ・ 人出を見込んで種々の飲食店、骨董店などが出ていましたが、こんな店も!
c0081499_9494154.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-10-19 09:52 | 陶芸 | Comments(7)

秋の花

 「天高く馬肥ゆる秋」 心地よい季節となってきました。
我家にも、色々な秋の花が咲いていますので撮してみました。

 ・ まず、ジョウロウホトトギス(上臈杜鵑草) ホトトギス属ですが、黄色の釣鐘状花が垂れ下がって咲きます。上臈は年功を積んだ、地位・身分の高い人の意。
c0081499_934177.jpg


 ・ マユハケオモト(眉刷毛万年青)、オモトの名前がついていますが、ヒガンバナ科で、洋名 ハエマンサス。眉を描く刷毛にちなんだ名前の如く、ユニークな花です。
c0081499_9444539.jpg


 ・ 秋の花ではありませんが、早咲きの白椿で「初嵐」。もう咲き始めました。
c0081499_9465445.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-10-16 09:50 | | Comments(4)

柿の収穫?

 山際の畑にある柿の木に沢山の実がなっていましたので、収穫(?)しました。
西条柿と富有柿の2本が有りますが、剪定、摘果などの世話をしないで、放っておいたので、小さい実が沢山なっていました。

 青竹を切ってきて、先に割れ目を入れて、竹の切れ端を差し込み、昔ながらの収穫道具を作りました。

 
・ 割れ目に柿の枝を挟み、グイッと捻ると簡単に実の付いた枝が折れますので、そのまま地面に降ろします。
c0081499_19322179.jpg

c0081499_19324367.jpg



・ 取った西条柿、これは干し柿にします。
c0081499_19264184.jpg

・ 富有柿も少しだけ取りました
c0081499_19273025.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-10-14 19:35 | 食物 | Comments(5)

リニューアル オープン

  備前焼伝統産業会館(JR伊部駅2F)にある、陶友会々員の展示スペースの改築が終わり、先日、リニューアル オープンしました。

 以前は、ゴチャゴチャに展示されていたのですが、仕切りが出来てすっきりしました。備前方面にお出での方は覗いてみてください。

 17日(土)、18日(日)は「備前焼まつり」です。  私は18日(日)の午後、3Fの展示場の販売係が当番となっています。
又、備前陶芸美術館では、特別展「備前の細工物」が開かれています。(9月28日 ~ 11月15日)

 ・ 新しくなった展示、販売場です。
c0081499_1591352.jpg


 ・ 私のコーナーです。10点ほど出品しています。
c0081499_15102259.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-10-10 15:12 | 陶芸 | Comments(6)

ダイアモンド砥石(両面)

 気になっていた、ダイアモンド砥石の格安品をHCで購入して使ってみました。

 藤原産業(SKII)の、電着ダイアモンド砥石です。ダイアモンド粒を焼結でなくて、電着してるので、層は薄くて、耐久性には不安があります。
両面に粒度#400と#1000のダイアモンド粒が電着してあり、荒研用、中研用という感じです。

 使ってみると、砥石の切れは恐ろしい程。「切れ」とは研磨力の事で、どんどん研げて、軟鉄をヤスリ掛けしているようです。

特に、鉋の刃は平面で研ぐ必用が有りますので、とても楽です。今まで使っていた、砥石(人工砥石)は何だったのかという、切れ具合です。

 ・ 両面 ダイアモンド砥石(厚7㎜金属製/写真は♯1000面)
c0081499_12165299.jpg


 ・ 今まで使っていた砥石、人工砥石ですが、良く研げます(右から、仕上砥、中砥、荒砥)
 
c0081499_12204634.jpg


 ・ 研いだ、鉋刃、クジラナイフ(ウナギ裂きに使用)、切出し
c0081499_12225685.jpg


  余談ですが、鎌や鉈などの研ぎには、この電動砥石も利用しています。
c0081499_12282941.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-10-07 12:30 | その他 | Comments(7)

アシダカグモ

 アシダカグモ(脚高蜘蛛、学名:Heteropoda venatoria)は、アシダカグモ科に属するクモの一種ですが、ゴキブリを補食する大型(10~12㎝)のクモとして有名です。網を張らない徘徊性で、昼は隠れていて、夜に活動します。

 昔は見かけなかったのですが、4,5年前から、よく見かける様になりました。
最初に見たときは、大きさにギョッとしましたが、慣れました。これが居るとゴキブリが居なくなると言われていますので、大事にしています。

c0081499_1801543.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-10-01 18:07 | 自然 | Comments(9)