<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ベーコンじゃが

 所用により、家内が不在ですので、食事を自分で作っていますが、貰い物のベーコンが有ったので、「肉じゃが」ならぬ、「ベーコンじゃが」を作りました。

 レシピは、ウェッブサイトで調べて、牛肉の代わりにベーコンを入れただけですが、とても美味しくできましたのでアップします。

c0081499_903281.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-11-26 09:06 | 食物 | Comments(6)

中華料理店で、ボジョレー ヌーボー

 以前、当ブログで紹介しました、自宅から歩いて行ける中華料理店「忠峰」に友人達と、食事に行きました。

 中華料理店なので、冷酒用の日本酒は置いてありません。冷酒好きの友人の為に、持ち込みようの酒を買いに酒屋に行と、ボジョレー ヌーボーが並べられているではありませんか。(解禁日19日)
2、3年前に飲んだときは、不味かったのですが、今年は50年ぶりの葡萄の当たり年とか、つい、買ってしまい、これも持ち込みです。

 ・ 中華料理店「忠峰」の入口
c0081499_10123334.jpg


 ・ 持ち込んだ、ボジョレーの帝王・Georges Duboeuf(ジョルジェ デュブッフ)、中華料理にはどうかなと思ったのですが、美味しかったです。 
c0081499_10165046.jpg


 ・ 店主のイケメン 張 忠峰 さん、店を開いて5年目です。
c0081499_10182292.jpg

食べるのに忙しくて、料理の写真は無しですが、干し豆腐サラダ、蒸し鶏、豚足、酢豚、海鮮煮込等々、みな美味しかったです。
by yamauchi-bizen | 2009-11-22 10:25 | 食物 | Comments(6)

オキザリス

 家内が作っているオキザリスの秋~冬咲きの花が咲いていますので、撮してみました。
オキザリスはカタバミ(酢漿)科の植物で、色々な種類があります。

 ・ オキザリス バリアビス/ローズ、この花は色、形とも酢漿草に似ていますが、大きいです。
c0081499_21195919.jpg


 ・ オキザリス バリアビス/ホワイト、です。
c0081499_21213659.jpg


 ・ オキザリス バーシカラー 、オキザリスの花は日が出ると咲き、陰ると閉じますが、バーシカラーはグルグル巻きのキャンディーのような赤い蕾がきれいです。花はとても小さい。
c0081499_21245748.jpg

  ※以前アップしたバーシカラーの写真がありますので、リンクしておきます。(こちらの方が蕾での状態がわかり易いです)

 ・ オキザリス フラバ、黄色の花が綺麗ですが、葉は酢漿草のようにハート型ではありません。
c0081499_21275153.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-11-14 21:29 | | Comments(4)

屋根屋さん!

 先日、屋根から、瓦(棟瓦)が5個も落ちているのを見つけました。
屋根にのぼってみると、離れ屋の桟瓦の端を止めてある棟瓦(丸瓦)が落ちて無くなっているではありませんか。 他にも、軒瓦が落ちているところもありましたので、修理しました。

 量は少ないのですが、山土や、瓦を上げなくていけないので、一人では出来ません。
助手を頼み、離れ屋の裏にある、木蓮の木を利用して滑車をかけ、瓦、練った山土を屋根に上げて屋根屋さんをしました。
 
 ・ ロープに結んだ、棟瓦を上げています。
c0081499_958594.jpg


 ・ 山土を基礎部分に盛り、瓦を並べています。
c0081499_9592196.jpg


 ・ 完成! 作業自体は、30分ほどで終わりました。
c0081499_1003791.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-11-10 10:04 | その他 | Comments(7)

加藤 溪山 青瓷展

 岡山高島屋 美術画廊で開かれている、先輩の加藤 溪山 さんの青瓷展を見に行きました。
加藤さんは京・大山崎で青瓷の陶家、加藤溪山・三代目です。

 砧青瓷、天龍寺青瓷、黄滋など、しっとりと落ち着いた素晴らしい作品が並んでいました。
c0081499_1235743.jpg


 加藤 溪山さんと、私。
c0081499_126089.jpg


 画廊閉場後、表町3丁目の、割烹 「はやし」へ。
c0081499_1275791.jpg

                 ※ 美人の女将さんの撮影は失敗しました
by yamauchi-bizen | 2009-11-07 12:10 | アート | Comments(4)

鎌砥石

 「秋の夕焼け鎌を研げ」と言う諺がありますが、最近は草刈は刈払機で、稲刈りはコンバインでと、鎌の出番はあまりありませんが、一寸した草刈などには重宝します。

 先日、当ブログにアップした、ダイアモンド砥石の記事にokadasakuraさんから戴きましたコメント、鎌を研ぐと、砥石が片減りする、と書いてありました。
私が自作して使っている、柄付鎌砥石について書いてみました。

 鎌、エビ鉈などの刃は彎曲していますので、普通の砥石を使うと砥石の中央部が凹んでしまいますので、通常、鎌などを研ぐには、やや小型の鎌砥石で砥石の方を動かして研ぎます。
鎌の研ぎ方のサイト → (株)ホウネンミヤワキ 鎌の研ぎ方

 しかし、このやり方はでは刃が指に当たりそうになったり、イマイチ力が入りません。とあるサイトを見ていると、鎌砥石に柄を付ける方法が出ていました。
百均で売っている、麺棒に同じく百均で売っている、グリーン シリコンカーバイド製の砥石を強力着材(セメダインAB)で接着して作りました。
もう一つ、HCで買った、ニュー大村砥の鎌砥石(500円ぐらいでした)でも作りました。
 ・ 上が ニュー大村砥、下が GC(グリーンシリコンカーバイド)です。
c0081499_1254916.jpg


 ・ 鎌を研いでいるところです。砥石は水を入れたバケツなどに入れて、水を含ませておく。
c0081499_12125315.jpg


 ・ 研ぎ具合は、刃を爪に当てて確かめます。爪に掛かるまで研ぎます。
c0081499_12144956.jpg


・ 研ぎ上がった、エビ鉈と鎌。
c0081499_205990.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-11-03 12:20 | その他 | Comments(8)