<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

弁慶

 友人の所属する洋画の会展を、天神プラザ(旧・県文化センター)に見に行きました。
その後、友人の T邊さん、Y本さんと三人で、T邊さんの知り合いの店「弁慶」で、遅い新年宴会(?)をしました。

 「弁慶」は初めて行きましたが、夫婦でやっている、かやく飯が売り物の小さい店で、吟味された食材がとても美味しかったです。

 ・ 弁慶の玄関です。
c0081499_11503750.jpg


 ・ 弁慶の店主、今井さん、何だか弁慶の如き風格が・・・・・・・。
c0081499_1152134.jpg


 ・ 珍しいクジラ料理が色々ありましたが、これは「クジラ三昧」、オバイケ、刺身、ベーコン、薫製などなど。
c0081499_11563474.jpg

 ※ 弁慶 ・ 岡山市北区野田屋町1-4-14
       ・℡ 086-222-5117
by yamauchi-bizen | 2010-01-28 12:04 | 出かける | Comments(6)

手斧の柄

 薪ストーブ用端材は、木質系プレハブ メーカーの端材ですので、柱、数㎝もの厚みの板などがあり、その様な材は、ストーブに入れる前に、手斧で割っています。

 節のある柱などを割ると、かなりの力が掛かりますので、柄が壊れてしまいました。代わりの柄をすげ替えようと、HCなどを探しましましたが、手斧の柄はありませんでしたので、昨冬、採っておいた「山グミ」を使うことにしました。
 ただ、この枝は、金槌や木槌の為に切っておいたものなので、手斧用になるほど太いものがありません。
一番太いもので作りましたが、やはり高さが足りませんでしたので、樫の木でクサビ状の物を作り、補助に使いました。
 これで、なんとか使えるといいのですが・・・・・・・。

 ・ 折れた、手斧の柄と、グミの木
c0081499_11501151.jpg


 ・ バイスで固定して、鉋で削っています。仕上は木工ヤスリでしました。見本が有るので、簡単でした。
c0081499_1152285.jpg


 ・ 出来上がりです、抜けないように、鉄のクサビも打っておきました。
c0081499_1153155.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-01-24 11:59 | その他 | Comments(7)

雉と鴨

 友人の、水道屋で猟師の T 君から、久しぶりに穫れた、と言って、雉と鴨をいただきました。

 種類の違う、鳥を貰ったのは初めてですが、とりあえず解体しておきました。
明日は、鴨鍋? キジ鍋?

 ・ いただいた雉と、鴨です。鴨は青首(真鴨)ではなくて、軽鴨(カルガモ)です、が、真鴨と同じ様に美味しいとのことです。
c0081499_21361160.jpg


 ・ 羽毛を取り除いた、鴨(右)と雉(左)です。鴨はダウン(綿毛)があるので、羽毛抜きが大変です。
75℃程度の湯に2分ほど漬けて、毛穴を開き、抜くのがコツです。
 散弾銃による銃創が見えますね、南無阿弥陀仏。
c0081499_21434894.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-01-21 21:48 | 食物 | Comments(7)

原土の粉砕

 今日は暖かかったので、軒下で粘土作り(粉砕)をしました。
いつもは、フレット ミルを使って粉砕するのですが、このヒヨセ(備前原土)は、緋襷で焼いた時に、マーブル紋が出るようにするために、槌で粉砕しました。粉砕と言っても、砂利程度の大きさに砕きました。

 ・ 10日程度、乾かした原土を、木槌で砕いています。
c0081499_2112369.jpg


 ・ 砕いたヒヨセは、桶(漬物用)に入れた、水に投入して溶かします。
c0081499_21142744.jpg


 この後は、ドベ鉢に上げて、乾燥させて粘土にします。 が、石があるので「石選り」作業があります。
それらの作業もアップする予定です。

追記:マーブル紋についての説明です。 
 原土(ヒヨセ)を胎土にしたり、成形する時に意図的に混ぜ合わせないようにし、緋襷、青備前などで焼成すると木理紋のような文様がでます。最近言われ出した備前焼の焼成りですが、自然練り込とか、マーブル紋とか言われています。鉄分の多い部分と、少ない部分が混じり合った原土のみで出来ます。
 桃山時代の緋襷にも見られますが、意図的ではないので、現在物ほど鮮明ではありません。
 拙作、緋襷三角花器に見られるマ-ブル紋 →c0081499_19534751.jpg
by yamauchi-bizen | 2010-01-19 21:19 | 陶芸 | Comments(7)

猫と薪ストーブ

 寒波の襲来も、薪ストーブのおかげで仕事場は春の如きです。

 居候のチビ猫は時々、仕事場に遊びに来ます。
薪ストーブの炎と、パチパチとはぜる音を怖がっていましたが、今は慣れて平気になり、一番暖かい場所で居眠りです。

c0081499_10183327.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-01-16 09:48 | その他 | Comments(8)

ハリガネ(針金)

 やきもんやが使う道具に「ハリガネ」があります。 (私は、ハリガネと呼んでいますが、正式にはどう呼ぶのでしょう?)
ハリガネは、ロクロで水挽きした品を切り離したり、タタラ板を作るときに粘土をスライスする時などに使います。
この備前風ハリガネを新しく作ったので、作り方をアップします。

 ・ 材料のハリガネは、釣りに使う、7本縒りのステンレスワイヤー(ゴ-セン製・品番41×7)です。10メーター、380円ほどで、釣り道具屋にあります。HCにあるステンレスワイヤーは縒り線が多くてフニャフニャして使い難く、その上、高価です。
c0081499_1091337.jpg


 ・ 持ち手は、布を縒って作ります。(これが備前風) 私は桐箱に入れる、黄木綿の切れっ端で作ります。
布を縒って縄状にします。
c0081499_1011452.jpg


 ・ 先っちょの穴に通して、ワッパ状の物を二ッ作ります。
c0081499_10134923.jpg


 ・ 適当な長さのステンレスワイヤーを結びつけて出来上がりですが、ピンピン撥ねて、結びにくいです。端っこは縒った布の間にねじ込んで、手に当たらない様にします。
c0081499_10171827.jpg


 ・ ハリガネは、色んな長さの物を作り、壁に吊り下げています。ワイヤーは縒りがかかっていて、お互いが絡みつきますので、少し間隔を開けて吊っています。
c0081499_10213149.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-01-13 10:28 | 陶芸 | Comments(9)

鹿の解体

 水道屋で、猟師の T 君が鹿が2頭も穫れたので解体をする、と言うので手伝い?(見学)に行きました。

 鹿は、穫れてから3日間ほど、内蔵を抜いた状態で木に吊り下げて乾燥させてあります。この様にする事によって、肉が熟成されて美味しくなるそうです。

 皮剥き、解体、骨抜きなどが、T 君と猟仲間の、F さんとでテキパキと行われました。写真を撮したのですが、やや残酷(?)なのでアップはやめます。

 私も、もも肉、すね肉、ロースなどの部位を少しだけ戴きました。

 
 ・ 60キロを超える大物(♂)です。吊したまま、皮剥きを始める、T 君。
c0081499_936582.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-01-11 09:49 | 食物 | Comments(7)

子ヤギ

 若い専業農家のNさんが、昨年の秋頃からヤギを飼っています。
土手に杭を打ち、繋いで草を食べさせていたので、撮してみました。

 餌が貰えると思ったのか、近づいてきます。可愛いのですが、ヤギの目は瞳孔が横長なので不気味な感じがします。
キリスト教圏では、ヤギは悪魔の象徴ですが、この目が関係しているのかもしれません。
薄暗くなると、丸い瞳孔になるとのことです。

c0081499_1359126.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-01-08 14:02 | その他 | Comments(8)

小型アーク溶接機

 どうしても必用なので(?)、年末にアマチュア向け小型アーク溶接機を購入しました。年始年末で時間がなくて今日、やっとテスト使用しました。

 機種は、SUZUKID製、「 直流インバータ溶接機・Imax 80」です。安い物はないかと、販売サイト、ヤフオクなどを探しましたが、とうとう近所のHCで購入しました。

 仕事場には、動力線(3相200V)が入っていますので、ここから単相200Vで繋ぐために、プラグを替えて、使ってみました。 2.5㎜の溶接棒がバリバリ溶けて、快調でした。

 ・ 小型溶接機、Imax 80、大型弁当箱、2個分ほどの大きさです。
c0081499_16382185.jpg


 ・ Lアングルの切れっ端を試してみましたが、きれいなアークがでて、うまく溶接できました。
c0081499_16413154.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-01-05 16:44 | その他 | Comments(10)

若虎

 喪中につき、新年のご挨拶は出来ませんが、今年も宜しく御願いいたします。

新年の挨拶ならぬ、朝食に現れた 居候の若虎。名前は有りませんが、チビと呼んでいます。

    
       ・ 今年は俺の年だにゃー! なにか良いモノおくれ!
c0081499_10244183.jpg

                        ※気分一新 スキンも変えました
by yamauchi-bizen | 2010-01-01 10:30 | その他 | Comments(8)