<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ガソリン トーチランプの修理

 先日アップしました、吊り花入の金具を作るのに、カートリッジ式のトーチランプを使っていますが、カートリッジが高い上に、持ちがわるいです。

 ガソリントーチランプも持っていますし、燃料のガソリンは安いので、こちらを使うことにしました。
ガソリンが安いと言っても、燃料用のホワイトガソリン(白ガス)は、エンジン用のガソリン(赤ガス)の何倍もの値段です。
臭いがするのと、煤が出やすいのが欠点ですが、安いので、赤ガスを使っています。
 ただし、このトーチランプは、ガソリンを入れたり、ポンプを押しての加圧、燃焼部分の余熱など点火までが面倒です。

 久しぶりに、ガソリントーチランプを使おうとすると、ニードル弁を留めているナットからガソリンが漏れていて、締めても止まりません。
年数が経っているので、パッキンがいかれているのだと思い、ナット内の、パッキンを外そうとしましたが取れません。
 
 技術顧問(?)の金工家、T中 氏の電話して聞くと、それは麻ひものパッキンが硬化しているのだろう、との事です。

 一晩、ガソリン漬けにして置いたり、外からトーチランプで焙ったりして、やっと取り除きましたが、ネットで探しても、大きさの合う耐油パッキンは有りません。
又もや、技術顧問の電話して聞くと、その様な物は自分で作るのだ、と言われました。

 NBRゴム(ニトリロゴム)板をネットで購入して、ポンチで打ち抜き、パッキンを作り、
復活させた、ガソリントーチランプをアップします。

 ・ トーチランプのニードル弁付近で、 の辺りからガソリンが漏れていました。
c0081499_1275670.jpg


 ・ 外した、ニードル弁とナット。
c0081499_1291746.jpg


 ・ 厚さ3ミリの、NBRゴムシートを、10㎜と、6㎜のポンチで打ち抜いて作った、ゴムパッキン。
c0081499_12112778.jpg


 ・ 直った、トーチランプ、勢いよく炎が出ています。1Lのガソリンで、1時間近く続くとの事ですが・・・。
c0081499_12135652.jpg
 
by yamauchi-bizen | 2010-11-29 12:32 | 修理 | Comments(6)

木工バイス

 欲しかった、木工用の、バイス(万力)をウェッブサイトで購入しました。
今日、作業台に取り付けましたので、写真をアップします。

 木工バイスは、使う頻度は多くないのですが、とても便利な道具です。 先日も、普通のバイス(リードバイス)に挟んでカンナがけをやっていて、カンナの刃を欠けさせてしましました。
 カンナは真っ直ぐに研がなければならないので、欠けた刃を直すのに、半日仕事になります。

 クランプで留める簡易型の木工バイスもあるのですが、作業台の上では位置が高すぎるので、台下型にしました。

 
 ・ 届いた、木工速締めバイス、思っていたより立派! 開き幅は26㎝もあります。
c0081499_203946.jpg



 ・ 重量は10㎏もあり、作業台の天板が薄いので、補助材をかましてのボルト留めです。
c0081499_20315524.jpg


 ・ 材料保護板も付けて、取り付けの終わった木工バイス。
c0081499_2021932.jpg



 

 
by yamauchi-bizen | 2010-11-26 20:41 | その他 | Comments(5)

吊り花入

 今回の窯で、新作の吊り花入を作りました。吊り花入と言っても、茶の湯で使う、吊り船花入の様に天井からつるすのではなくて、吊り金具で下げます。
 金具の高さ、30㎝ぐらいの大きさで、掛花入がぶら下がった感じです。

 2点アップしますのでご覧下さい。

c0081499_18375571.jpg

c0081499_18382180.jpg

 金具も自作です。 父が使っていた、農業用の鋼線の廃物利用で、色は真綿を使った、「真綿焼」という方法で、黒く焼き付けました。
by yamauchi-bizen | 2010-11-19 18:48 | 陶芸 | Comments(8)

花くらべ

 当地では、今日、11月13日を「花くらべ」と言って、菊の花を持って墓参する習慣があります。
何処でもそうするのか、と思っていましたが、どうも、岡山市西大寺地区、旧邑久郡から備前市の一部あたりの風習のようです。(確かではありませんが)

 私も、家内と墓参しましたが、農家では、この日のために畑の一部に菊を植えていますので、墓前には沢山の菊花が供されていました。

 ・ 菊が一杯の、サンマ谷(三昧谷がなまった?)墓地
c0081499_22372950.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-11-13 22:39 | その他 | Comments(6)

窯出

 先日焚いた、穴窯を出しました。

 今回の窯は、日にちを限られた注文品のために、急いで焼成したので、色々な物を作ることが出来ませんでした。
したがって、何時もの様に、窯出し案内ハガキを出しての窯出しではありません。

 ・ 鏡を開けて見えた、ウド 最前列です。私の窯は、丸匣鉢(マルサヤ)が4列立ててあります。
c0081499_9295877.jpg


 ・ 匣鉢の中は緋襷(ヒダスキ)の焼成りです。
c0081499_9311837.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-11-11 09:34 | 陶芸 | Comments(7)

串打ち3年、裂き8年、焼き一生

 昨夕、ウナギを料理しましたが、ウナギ調理人になるのには「串うち三年、裂き八年、焼きは一生」と、言われている様に、なかなか大変でした。

 串打ちと、焼いている写真を写しましたので、アップします。

 バーベキューコンロを使い、炭火で焼きましたが、皮はパリッと、身は柔らかく上手く焼けて、とても美味しかったです。

 ・ 大ウナギと、アナゴ、ウナギのキモを金串に刺したところです。最初、七輪で焼こうと思ったので、ウナギは三ッ切りにしましたが、二ッ切り方がやり易かったです。
c0081499_22194336.jpg


 ・ バーベキューコンロで焼いています。 この後、特製(?)のタレをつけて蒲焼きにしました。
c0081499_22221634.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-11-06 22:29 | ウナギ | Comments(7)

有終の美 ?

 窯焚きも終わり、やっと時間的な余裕ができましたので、昨夕、久しぶりにウナギ釣りに行きました。

 11月に入り、ウナギ釣りはもう遅いかな、と思ったのですが水温が20℃越え(牛窓沖)もありますので、吉井川河口へ行ってみました。
シーズン中には賑わっている河口は、私以外は誰もいません! 寒いしでボウズの不安が・・・・・・・。

 結果は大当たり、大物2匹 + アナゴも1匹! 今年、最大の70㎝越え(推定)も釣れました。
今年のウナギ釣りはこれにて終了です。

 ・ アナゴも含めて、3匹の釣果です。
c0081499_915992.jpg

  
by yamauchi-bizen | 2010-11-05 09:04 | ウナギ | Comments(7)