<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ウラジロ

 正月に飾る、しめ縄用の「ウラジロ」を採りに、大滝に行ってきました。

当地での、大滝とは我家の菩提寺でもある、大滝山 福生寺のことで、備前市大内からの熊山登山道の途中、車で10分ぐらいの所にあります。

 福生寺の裏山、道無き山中を登ると、沢山のウラジロが生えている場所にでますが、ウラジロ(この辺りではヤマクサとも言う)は、しめ縄などの正月飾りに使われる為に業者がとってしまうので、場所は各自秘密にしています。

 途中、山の中腹に、石と山土で出来た塀の如き建造物があります。この様な物はこの場所だけではなくて、他でも見かけますが何でしょう。
戦国時代に兵の進入を防ぐための塀だ、という説がありますが、1000年以上も前の物が残っているとは信じがたいです。
私は、江戸時代以降のイノシシ、鹿など有害獣除けの囲い塀であろうと思います。

 ・ 山中を巡っている、謎の石土塀。
c0081499_18164733.jpg


 ・ 沢山のウラジロ。場所はマル秘です。
c0081499_18184794.jpg


 ・ 採ってきたウラジロ。この様に、裏が白いのでこの名で呼ばれています。
c0081499_18204132.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-12-29 18:26 | その他 | Comments(6)

庭木の剪定

 3年前から、友人の指導で庭木の剪定を自分でやっています。
今年も、落葉樹の葉が無くなるこの季節にやりましたが、庭木のほかに、生垣、雑木等があり、やっと昨日終わりました。ヤレヤレです。

 ・美しく(?)刈り込まれたカイヅカイブキの生垣。
c0081499_18234273.jpg


 ・ 庭木も、なんとか格好が付きました。
c0081499_18255873.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-12-26 18:27 | その他 | Comments(5)

針むすび器

 ウナギ釣りは10月末までで、来年の6月頃までのシーズンオフに入りましたが、せっかく覚えた針の結び方などを忘れてしまいそうです。

 針の結び方といえば、1ヶ月ほど前になりますが、釣具屋に寄った折、「スピード針むすび/ファジー社製」という、針結び器を買いました。

 私は、釣針の結びは出来るのですが、老眼が進み、シニアグラスをかけても、ハリスが良く見えませんので、この針結び器はサイトで見て気にかけていました。
針結び器は、パナソニック製が有名ですが、電動(電池)というのが気に入りませんでしたが、これは手動です。

 ・ ファジー社製、「スピード針むすび」 大型のライターほどの大きさです。しかし、1,800円は高い!
c0081499_18361233.jpg


 
・ 釣り針を鋏み、磁石の間を、ハリスをぐるぐると巻き付けると、簡単に出来ます。説明書を読んだ時には、わかり難くてなかなかうまく出来ませんでしたが、慣れると簡単です。
c0081499_18401966.jpg

  ※ファジー社のHPには、動画もあります。 http://www.e-fuzzy.co.jp/

 

・ この様に、外掛け結びが出来ます。針は、三越・ウナギ針13号、ハリス3号。
c0081499_18435546.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-12-22 18:50 | ウナギ | Comments(8)

吊り花入の金具制作・2

 先日、載せました「吊り花入金具」の台座部分を作りましたので写真をアップします。

 鉄線を、同一の円形に曲げる方法がわからず、色々と調べて(と言っても、技術顧問や、金属加工業をしている友人に聞いただけですが)、やっと出来ました。

 その方法は、円形の鉄柱に鉄線を巻き付けると言う簡単な事なのですが、鉄円柱が手に入りませんし、巻き付けた鉄線の「逃げ」がありますので、鉄柱の径より鉄線の径は大きくなります。
又、逃げの大きさは、鉄線の硬度により異なるので、実際に作ってみるしか出来上がりの大きさがわかりません。

 僅かな数(数個)の品を作るために大げさな装置を作るわけにもいかないので、鉄円柱の代わりに、塩ビパイプのVP管を使うことにしました。
VP管は、ダンプが乗っても壊れないと言われている、硬質塩化ビニール管です。

 165㎜程度の円形にしたいので、硬度強化のために中にコンクリートを詰め込んだ140㎜径のPV管を使って、作ってみると、180㎜径にもなってしまいました。110㎜径のPV管で再度作り直したところ、やっと上手くゆきました。

 ・ まず材料の農業用ビニール被覆鋼線の被覆を剥がしています。薪ストーブの近くに立てかけておくと、ビニール部分が柔らかくなり簡単に剥がせます。
c0081499_11372314.jpg


 ・ コンクリートで強化したVP管を木工バイスで固定して、留めの為に、予め開けておいた穴に直角に曲げた鋼線を差し込みます。
c0081499_11531638.jpg


 ・ 次に、力まかせに鋼線を巻き付けます。
c0081499_1144160.jpg


 ・ 型からはずした鋼線の余分な部分をクリッパーで切ると、出来上がりです。
c0081499_11565233.jpg


 ・ 次に、吊り下げる部分の加工ですが、錐状に尖らせておいた鋼線を、例のトーチランプで焙って赤化させ、先丸ヤットコで曲げます。
c0081499_1241615.jpg


 ・ 出来上がった、パーツです。
c0081499_1252189.jpg


 ・ 二つのパーツをアーク溶接しましたが、下手クソなので、木製の支持台を作り、溶接しました。木製は失敗で、すぐに焼けこげて穴が開いてしまいました。
c0081499_1210713.jpg


 ・ 溶接した金具を、真綿焼(真綿仕上)しています。トーチランプで色が変わる程度に焙り、革手袋をして、真綿を擦りつけます。
c0081499_12132828.jpg


 ・ 出来上がった、吊り花入の台座金具です。
c0081499_12145448.jpg

 
by yamauchi-bizen | 2010-12-15 12:22 | 陶芸 | Comments(6)

柄をすげ替える

 薪ストーブのシーズンも来ましたし、グラグラしてた手斧の柄をすげ替えました。
材は昨冬、裏山で採っておいた、秋グミです。夏を越したのでしっかり乾燥しています。

 ・先日ブログにアップしました、新品の木工バイスに挟んで鉋がけをしているところです。
c0081499_20574943.jpg



 ・ 出来上がった手斧、ついでに、折れていた 手鍬の柄も作りました。
c0081499_20593992.jpg

by yamauchi-bizen | 2010-12-09 21:01 | その他 | Comments(9)

薪ストーブを出しました。

 12月になりましたので、薪ストーブを出しました。
今春、仕舞うときに、ストーブ用断熱塗料を塗っておいたので、新品同様とはいきませんが、きれいです。

 まだ、暖かいので、今のところはファンヒータで十分ですが、備えあれば・・・ 、です。
燃料の端材も、そろそろ貰ってこようと思っています。

c0081499_18555928.jpg


 

 
by yamauchi-bizen | 2010-12-04 18:57 | その他 | Comments(8)

吊り花入の金具制作・1

 先日、吊り花入の金具を作る写真を撮りましたので、アップします。ご覧下さい。

吊り花入を考えた時は、台座金具と同じ材料で簡単にできると思っていましたが、作ってみると鉄線が太くて不細工なので、別の材料で作りました。

 まず、吊り下げる部分は、ピアノ線(0.4㎜)を、曲げて作りました。これは力仕事ですので、得意分野です。
ピノ線は鋼鉄線でとても強くて、バネなどを作るのに使います。
 
 ・ 卓上バイスで番線を固定、番線にピアノ線を巻き付けて、作っています。
c0081499_10521789.jpg


 ・ 出来上がった、ピアノ線製部品
c0081499_10535212.jpg


 次に、この部品と、花入とを留める金具は、トーチランプで加熱赤化出来ませんので、なまし番線(3㎜)で作りました。 なまし番線は建築現場で足場丸太などを結束する鉄線でとても柔らかくて、簡単に曲がります。

 ・ アンビル(金床)上で、なまし番線を、すべり止めの付いた型枠ハンマーで叩いてテクスチャをつけます。金工用荒らし槌の代わりです。
c0081499_1113142.jpg


 ・ グラインダーで錐状に尖らせた一方の先端を、先丸ヤットコで丸めます。
c0081499_11153542.jpg


 ・ 吊り花入れの大きさに合わせて出来上がった、留め金具
c0081499_1125635.jpg


 ・ 真綿焼で黒く着色した部品を、吊り花入に付けて出来上がりです。
c0081499_1143671.jpg


  ※ いつになるかわかりませんが、次は台座金具を作っているところをアップ予定です。
by yamauchi-bizen | 2010-12-02 11:48 | 陶芸 | Comments(5)