<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年 初!

昨夕、今年初のウナギを釣りました。

 吉井川本流は少し早いのでは、と思い干田川の放水路、幅5メートルほどの小流へ行きましたが、大、小2匹をゲット!

 大は60㎝を切ると思われますが、単一電池を超える太さで、かなりの大物です。

 ・ 昨夕、釣った初ウナギです。小は親指大。
c0081499_12173158.jpg

by yamauchi-bizen | 2012-05-31 12:18 | ウナギ | Comments(9)

斧の柄を挿げる

 確か有ったはずだと長い間探していた、木割り斧(このあたりではヨキと言ふ)が、納屋の隅の木箱から出てきました。

 柄はなくて、赤サビまみれのボロボロ状態でしたが、ワイヤーブラシでサビを落とし、湿式電動砥石で研ぎました。

 標準よりやや小型ですが、柄を付けて使う事にして HCで、柄を買ってきました。
1,980円也、高い!
柄はどの様な斧にでも合うように、とても大きくて、斧の穴に合わせるために鉋で柄を削りましたが、山のような鉋クズがでました。

 ・ 研いで油引きした斧です。定番通りに、表に四つ、裏に三つの筋(文様)が有ります。
c0081499_12104387.jpg


 ・ 柄を木工バイスに挟んで、鉋で削っています。
c0081499_12151781.jpg


 ・ クサビを打ち込み、山内の焼印を入れて、完成です。
c0081499_1219470.jpg

by yamauchi-bizen | 2012-05-25 12:22 | 修理 | Comments(11)

伝統工芸 陶芸部会展

 昨日は「金環日食」、今日は、「東京 スカイ ツリー」のオープンと、色々なビッグ イベントが続いています。
備前では部分日食でしたが、晴れていたので綺麗に見えました。

 三越・日本橋本店で、明日23日から、工芸会正会員による「第40回・陶芸部会展」、が開かれます。
私も出品していますので、機会があればご覧下さい。

 ・ 案内のDM です。
c0081499_9585883.jpg


 ・ 拙作、扁壺 (図録より)
c0081499_1001288.jpg

 会期 / 5月23日(水) ~ 28日(月)
 会場 / 日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
        ※ 入場無料
by yamauchi-bizen | 2012-05-22 10:04 | 陶芸 | Comments(3)

コウホネと蛙

 暖かくなってきました。まさに百花繚乱、色々な花が咲いています。

 わが家の庭の池にも、遅れていた、コウホネ(河骨)の花が咲きました。
写真を撮していると住み着いている、ダルマガエルも浮かんでいます。よく見ると、コウホネの花軸にも小さい蛙がつかまっていました。

c0081499_20353082.jpg

by yamauchi-bizen | 2012-05-17 20:36 | 自然 | Comments(7)

坂根営農会 / 苗代作り

 坂根営農会の初仕事で、今日は苗代作りをしました。
もっとも、私は初仕事ですが、メンバーの皆さんはトラクターでの荒起こしなど、色々な作業をされています。

 田植機を使う今の苗代作りは、手で田植えをしていた頃と大違いで、育苗箱に播種機で種籾を撒き、これを並べて行きます。

 坂根には、みのる式ポット苗を使う農家と、マット苗を使う農家の2派があり、今日はポット苗の苗代作りでした。
その様子を写しましたので、アップします。

 ・ 予め消毒をしておいた種籾を電動播種機を使い、育苗箱に撒いています。モチ米、ヒノヒカリ、アサヒの3種類の種籾を486枚の育苗箱に撒きました。
c0081499_185239.jpg


 ・ 育苗箱を、根切りネットを敷いた苗代に並べています。
c0081499_1873563.jpg


 ・ 育苗シートをかけて、ポンプアップした水を入れています。天候もよく、人手も多かったので、作業は午前中で終わりました。
c0081499_18101540.jpg

by yamauchi-bizen | 2012-05-13 18:15 | 営農会 | Comments(5)

石膏製ドベ鉢・その2

 先日作りましたドベ鉢の石膏型が乾燥しましたので、ドベ鉢を作りました。

 先の記事ではケース型と書きましたが、作る品は石膏製ですのでケース型ではなくて、単なる石膏型でした。訂正しておきます。

 買って、元型に使ったドベ鉢の重量は5.5㎏でしたので、結晶水の重さを考えても5.5㎏の石膏で十分であろうとと思い、スラリーを作りましたが少し足りませんでした。
市販のドベ鉢は底の厚みが薄いので、7㎜ほど厚くしたのが原因であろうと思います。

 2回目からは6㎏の石膏を溶きましが、ぴったりでした。

 ・ 特級 焼石膏の混水量は70ですので、4,2㎏の水に石膏を入れ、しっかりかき混ぜてスラリーを作ります。
c0081499_2105943.jpg


 ・ 自転車の古チューブで固定した型にスラリーを流し込んだところです。型は、全体にシュラック ニスを塗って強化してあります。
c0081499_2141985.jpg


 ・ 離型したドベ鉢です。バリ取り、面取りなどして完成です。
c0081499_2163524.jpg


 ・ 一袋、25㎏入りの石膏から、4個のドベ鉢が出来ました。一袋、5,880円でしたので、原材料費は約1,480円也。(型は石膏約20㎏が要りましたが、又、使えるので資産と考える事に・・・?)
c0081499_21131059.jpg

by yamauchi-bizen | 2012-05-10 21:17 | 陶芸 | Comments(3)

備前新作 器 展

 この連休中に、JR伊部駅前の、「ギャラリー 森」で 備前新作 器 展と銘打って、四人展を開いています。

 メンバーは泉 裕理、細川 敬弘、森 丁斎、山内 厚可の四人です。

 ギャラリー森は、5月4日に行われるイベント「備前大茶会」の会場にもなっています。私は、5日に当番で在廊予定です。
お近くにおいでの際は、お気軽にお立ち寄りください。

 ・ JR伊部駅前、備前信用金庫本店東隣の、「ギャラリー 森」です。
c0081499_1025486.jpg


 ・ ギャラリー内の様子、「新作 器 展」は5月7日までです。
c0081499_1053791.jpg

by yamauchi-bizen | 2012-05-03 10:07 | 陶芸 | Comments(5)

宮下善爾 先生、陶展

 4月24日、ご逝去された、宮下善爾 先生の岡山高島屋展の搬入を手伝いました。

 「時空の いろどり」の副題で、京都高島屋をかわきりに、巡回展を開催中のご逝去でした。

宮下先生は、京芸の非常勤講師をされていましたので直接教えていただいた機会はありませんでしたが、親しくお付き合いをさせていただいていました。

 ・ 奥様をはじめ、教え子達が手伝っての搬入の様子です。
c0081499_93145.jpg

c0081499_9313089.jpg


 宮下善爾 彩 陶展 -時空の いろどりー
    会期 / 5月2日(水) ~ 8日(火)
    会場 / 岡山高島屋 7階 美術画廊
by yamauchi-bizen | 2012-05-02 09:37 | アート | Comments(3)