<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

しめ飾り

 正月、玄関に飾る しめ飾り を作りました。
作ったと言っても、稲わらで作るボディは出来ませんので、近所のお年寄り(私も年寄りですが)に作って貰ったのを、組み立てただけですが。

 売っているしめ飾りは金銀 紅白の紙垂、水引などが付いていて派手ですが、この辺りの農家の方々のつくるしめ飾りはシンプルで風情があるので、私は毎年作って貰っています。

 付ける品は、ダイダイ、ウラジロ、ユズリハ(手に入らないのでサカキで代用)、ホンダワラですが、風で飛ばないように、しっかり藁で結びつけます。

 玄関、納屋、仕事場、窯場、別宅用と5個作り、31日(大晦日)は一夜飾りといって、忌み嫌われていますので、今日飾りました。

 ・ 材料です。ホンダワラは買いましたが、それ以外無料で調達。
c0081499_12165352.jpg


 ・ 玄関に飾りましたが、わが家の古屋には似合っています。
c0081499_12185493.jpg

by yamauchi-bizen | 2012-12-30 12:23 | その他 | Comments(4)

鹿肉の紅茶煮

 友人の猟師から、鹿の足を2本も頂きました。

 害獣駆除のために獲った鹿ですが、肉に脂肪分が少なく人気がありません。しかし、鹿肉は仏国などではジビエ料理の素材として有名です。

 知人に教えてもらった、鹿肉の紅茶煮をしましたので、過程と写真をアップします。

 ・ まず、足の解体ですが、ブロックごとにビニール状の膜に覆われていますので、このブロックを剥いでゆけば思ったより簡単に解体できます。
 写っている包丁は、米国・オンタリオ社製の安物包丁Old Hickoryシリーズのボーンナイフですが、よく切れます。
 ヤフオクで、何と、960円(新品・送料込み)で手に入れました。
c0081499_2037562.jpg


 ・ 解体したブロックのうち、大きめで良質そうな物を選び、紅茶パック3個を入れて1時間ほど薪ストーブで煮込みました。
薪ストーブはこの様な煮込み料理には便利ですね!
c0081499_20404832.jpg


 ・ 鹿肉ブロック4個を、熱いうちに漬け汁(醤油・酒・酢 2:1:1)+ スライスしたタマネギに漬け込み、荒熱を取ってから冷蔵庫で一晩おきます。今の季節でしたら、冷蔵庫の必用はありませんね。
ビニール袋に入れてから、タッパーに入れると漬け汁が少なくてすみます。
c0081499_20551444.jpg


 ・ 今夕、鹿肉の紅茶煮をいただきました。味が薄いと思われたら、漬け汁をかけたり、マスタードをつけるといいです。凄く美味しいというほどではありませんが、鹿肉料理としては上等の部に入ると思います。
 
 つけ合せのクレソンは、以前、ブログに書いたクレソンですが、久しぶりに取ってきましたが、こちらも美味しかったです。
c0081499_2101728.jpg

尚、私の出来る他の鹿肉料理は、バルサミコ焼、シチューなどですので、他のブロックは冷凍保存してそれらの料理に使います。
by yamauchi-bizen | 2012-12-20 21:19 | 食物 | Comments(8)

松江 へ

 施設に入っている、義母のお見舞いに、久しぶりに松江に行きました。

 寒かったですが、晴れている岡山から JR特急「やくも」に乗り、中国山脈を越えた、生山あたりはでは吹雪いて、積雪4、50㎝でした。
どうなる事か、と思っていましたが、松江は時々時雨れていましたが、まずまずの天候でした。

 先行していた家内と会い、義母を見舞って日帰り旅行(?)でした。

 ・ 列の窓から写した雪景色、山陽と山陰の違いを実感しました。
c0081499_14193841.jpg


 ・ 時雨の松江城天守閣。
c0081499_14214259.jpg


 ・ 昼食は近所の蓬莱荘へ、元旅館でしたが料亭になっています。
c0081499_14235484.jpg


 ・ 頂いた、蕎麦と天ぷら定食、後デザートと珈琲が付いて、1,580円はリーズナブルだと思います。
c0081499_14261495.jpg

by yamauchi-bizen | 2012-12-11 14:30 | 出かける | Comments(7)

初氷り


 庭にあるコウホネの鉢に、今冬初の氷りが張りました。
いよいよ、本格的な冬になったようです。薪ストーブも出さなくて、と思っています。

 ・ コウホネが植えてある、備前焼水瓶(古い物ではありません)に張った氷。
c0081499_935980.jpg


 ・ 道端の雑草にも霜が降り積もっています。
c0081499_937433.jpg

by yamauchi-bizen | 2012-12-07 09:39 | 自然 | Comments(6)