<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

薪ストーブの修理

 薪ストーブを使っていますが、今朝、側面にある耐熱ガラスが曇ってきたので拭き掃除しようと開けると、スプロケットロープと共に耐熱ガラスがずれているではありませんか!

 これは大変とよく見ると、四隅にあるガラスを押さえてある留金具のうち、左の2個が曲がっています。

 先日、耐熱ガラスを保護する剣状の金具が折れていました。4個あるうちの2個目です。(1個目は2年ほど前に折れました)

 この薪ストーブは、7年前から使っている中国製なので、しょうがないかな、と思いながら注意して使っていたのですが、薪が留め金具を押したようです。

 ・ 剣状の保護金具の内、2個が折れています。
c0081499_20443845.jpg

  c0081499_20463579.jpg


  これが折れた、部分です。






  

 ・ 鋳鉄の溶接は出来ないし、ガラス面の保護が出来ればいいので、金属パイプを変形させて、折れた部分に被せる事にしました。  かなり不細工ですが!
c0081499_2051432.jpg


 ・ 垂れ下がった、ガスケットロープと耐熱ガラスはキチッとはめ直し、金具も締め直しました。
c0081499_20585741.jpg


 ・ 昼近くにやっと、ストーブに火が入りました。ヤレヤレです!
c0081499_2122875.jpg

by yamauchi-bizen | 2015-01-19 21:10 | 修理 | Comments(2)

獣肉の処理

 友人で、猟師の T田くんから今月初めに猪肉を頂きましたので、熟成 ー 冷凍などの獣肉処理について書いてみます。

 屠殺したばかりの肉より、低温で熟成させた肉はタンパク質がアミノ酸に変わり美味しくなると言われています。 又、肉も軟らかくなります。

 その日にちは、牛で20日間、豚で10日間と言われていますが、私は猪、鹿とも1週間~10日ほど冷蔵庫で保存して、その後、冷凍しています。

 ・ 今回、頂いた猪肉です。 オスですが、しっかりと脂がのっています。 3分の1身ほどもあります。
c0081499_17595925.jpg


 ・ 冷蔵庫で1週間ほど寝かすのですが、ビニールブクロなどに入れると、肉汁(ドリップ)が出てきて、肉が臭くなってしまいます。 脱水シート(ピッチトシートなど)を使えば良いのですが、高価ですので、ネットで調べて代用に「ペット用トイレシート」を使っています。 私は平気ですが、メンタルな面で気になる方は、私のつくる猪鍋を食べないで下さい。又、やると言っても、冷凍猪肉は断って下さい。

c0081499_1871133.jpg ← 60枚入り1,000円ほどで安いです。
食品用セロファンでもいいそうです。 燻製用セロファンというのをネット販売していました。






 
 
 ・ 猪肉をトイレシートで包み、下にもシートを敷いて 1週間冷蔵保存です。

c0081499_18154059.jpg


 ・ 保存していた、猪肉を小分けします。
c0081499_18194191.jpg


 ・ サランラップでパックして、部位名と年月を書いておきます。
c0081499_18213982.jpg


 ・-3.5℃まで早く冷凍すれば細胞膜が壊れないで冷凍できるそうですが、仕事場用の古い冷蔵庫ではなかなかそうは行きません。 一度に全部冷凍しないで、少しずつ熱伝導率の良いアルミバットに入れて、上に保冷剤をのせてなるべく早く冷凍できる様にしています。 冷凍出来たら部位ごとに纏めて、ジップパックなどの保存袋にいれて冷凍です。
c0081499_1830931.jpg

by yamauchi-bizen | 2015-01-12 18:38 | 食物 | Comments(4)

明けましておめでとう御座います



   
c0081499_750898.jpg


                  本年もよろしくお願いします。
by yamauchi-bizen | 2015-01-01 07:50 | その他 | Comments(2)