<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

坂越の、「奥藤酒造まつり」に行きました。

 赤穂市坂越の奥藤酒造で開催された「奥藤酒造まつり」に、知人の蕎麦打ち名人・山下義宣 氏の主催する、播州蕎麦打ち会が出店するというので、友人のH君を誘い、行ってきました。

 ・ 坂越に行ったのは初めてですが、千草川沿いのとても綺麗な港町で、ナマコ造りの立派な奥藤酒蔵です。(創業寛永6年の看板)
c0081499_15225032.jpg


 ・ 種々の食べ物屋や、骨董屋など沢山の店が出ていました。 親父バンドならぬ、親父ギター&三線の演奏も。
c0081499_1527433.jpg

c0081499_15281644.jpg


 ・ 目的の、ソバ打ち名人・山下師匠はメディアの取材中でした。 美味しいソバをいただいて満足です。
c0081499_15324247.jpg


 ・ もちろん、お酒もいただきました。 三種類の利き酒セットです。
c0081499_15392981.jpg

  なお、山下 義宣 氏は、全麺協・素人蕎麦打ち 五段(最高位)で、播州そばの学校を主催されています。
by yamauchi-bizen | 2015-03-29 15:45 | 出かける | Comments(4)

石膏型

 楕円鉢の石膏型を作っていますが、以前、石膏型の作り方を聞かれたことがありましたので、その過程をアップします。

 基本的な石膏型の作り方は知っていましたが、備前焼の友人に、この様に石膏型を削って型を作る方法を教えていただきました。
この方法が最良なのかは判りませんが、水分を含んだ石膏型は、柔らかく、粘りもありますので削りやすいです。

 1、まず、粘土で大まかな原型を作ります。少し堅くなってから、石膏でメス型を作ります。
c0081499_209713.jpg


 2、型を取るために粘土で壁を作ります。補強にはガムテープを利用。
c0081499_2011332.jpg


 3、石膏を流し込みます。メス型は一回使うだけなので、変形スプーン(?)などで盛り上げて作ります。
c0081499_20151375.jpg


 4、出来たメス型を、粘土で水平に固定し、離剥材(アルカリ石鹸水溶液)を塗り、石膏を流し込みます。
c0081499_2048933.jpg


 5、石膏が固まると、台を作る為の壁を粘土で作ります。石膏しっかり着くように、接着面を荒らしておきます。
c0081499_20213442.jpg


 6、出来上がった、オス型に鉛筆で当たりを付けます。
c0081499_20242245.jpg


 7、石膏型を、当たりに沿って切り出しで削ってゆきます。写真には写っていませんが、サンド メッシュで滑らかにしながら削ります。
c0081499_20323570.jpg


 8、最後に耐水サンドペーパー(800目)で磨いて出来上がりです。が、これは完成品ではありません。乾燥してから、型抜きしますが、イメージ通りには出来ませんので、修正します。時には、元から作り直しも!
c0081499_20365254.jpg

by yamauchi-bizen | 2015-03-17 20:53 | 陶芸 | Comments(2)

庭の花

 今、わが家に咲いている花を撮しました。

 ・ 鉢植えですが、白いクリスマス ローズです。クリスマス ローズの欠点は花が下向きに咲くことですが、この種類は横向きに咲きます。
c0081499_1521189.jpg


 ・ 唐子咲きの椿「紅卜半」です。
c0081499_15225928.jpg


 ・ 次も椿で、白の斑入りが綺麗な「胡蝶ワビスケ」です。花はとても小さいです。
c0081499_1525812.jpg


 ・ 水仙はそろそろ終わりです。
c0081499_1526737.jpg


 ・ 今日ではなくて、4日ほど前に撮したのですが、カンアヤメ(寒菖蒲)です。
c0081499_15265151.jpg

by yamauchi-bizen | 2015-03-04 15:27 | | Comments(4)