<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

モーラナイフのハンドル

 鹿やイノシシの解体に、スウェーデン製 モーラ ナイフのCompanion HDを使っています。
モーラナイフは安価で使いやすく重宝していますが、ラーバーハンドルがとても太くて、男としては手の小さめの私は使い辛く感じていました。

 Amazonで モーラナイフを見ていると、なんとブレードだけ売っているではありませんか、早速 クラッシックシリーズ №2(carbon steel)を買いました。
タングはナロータングですが、この様なタングを入れる技術も道具もありませんので、和風包丁のように素木のハンドル(柄)にしました。

 ハンドル材は、槌の柄にする為に採っておいた山グミを使いました。

 ・ モーラナイフ (コンパニオン ヘビーデュティ・カーボンスティール)
c0081499_10282646.jpg


 ・ ブレード(クラシックシリーズ№2・カーボンスティール/¥1,728)
c0081499_10314892.jpg


 ・ 材を二ッ割りして、ノミでブレードの形に彫り、鉄製ピンも作りました。
c0081499_10432496.jpg


 ・ 2液混合エキシポ樹脂接着剤で固め、Cクランプ、木工バイスで圧をかけ一晩放置。
c0081499_10491151.jpg


 ・ ハンドルの形を整えて出来上がりです。自宅で使うので、シースは無し。
c0081499_1051714.jpg

by yamauchi-bizen | 2017-06-19 10:55 | その他 | Comments(0)

腕時計の電池交換

 私は腕時計は使用しませんが、ウナギや、スッポンを釣りに行くときは安物の防水腕時計を着けます。

 先日、ウナギ釣りの為に腕時計をしようとすると、電池切れで止まっていました。
買ったHCに持って行き、電池交換を頼むと断られました。 以前に1回やって貰ったのですが、今はやってないとの事で、どうしてもと言うのならメーカーに送って依頼するとの事です。
確か、時計は3~4千円ほどの値段でしたので自分でする事にしました。

 しかし、スクリュー式の裏蓋はどうしても廻りませんので、ネットで調べて「三点支持防水時計オープナー」なる物を注文し、今日、届きましたので早速使用しました。

 ・ 届いた「三点支持防水時計オープナー」 C国製のようです。4種類の爪が交換出来るようになっています。
c0081499_16264011.jpg


 ・ 早速、裏蓋の凹みに合わせて開けようとしますが、なかなか合いません。
c0081499_16302222.jpg


 ・ やっとの事で開けて小さいボタン電池を取り外し、同じ品番のものを買って入れました。
c0081499_16322667.jpg


 ・ 無事、動くようになった防水腕時計です。
c0081499_16335165.jpg

by yamauchi-bizen | 2017-06-07 16:38 | 修理 | Comments(4)