今、咲いている花

 デジ一に、古いマクロレンズを付けて、久しぶりに花を撮しました。
マニュアル フォーカスですので、ピントがなかなか合いません。

 オート フォーカスの明るいレンズが欲しい!

 ・ 今年も咲きました、マユハケオモト(眉刷毛万年青)です
c0081499_15161787.jpg


 ・ 夏の暑さで弱っていたのですが、やっと咲いた、ジョウロウホトトギス(上臈杜鵑)
c0081499_15182473.jpg


 ・ いつも咲いている、スプレプトカーパス
c0081499_152027.jpg

# by yamauchi-bizen | 2016-10-17 15:21 | | Comments(8)

レバー ステーキ

 友人の、猟師 T田くんから連絡があり、良品の牝鹿をいただきました。

 死後硬直がありますので、解体は一日おいた方がいいのですが、夏場でもありますので内蔵を抜いて、早速解体しました。

 骨付きのまま冷蔵保存していますが、内蔵は新鮮な方が美味しいので、今夕、レバーステーキにしました。

 ・ 内ロース、心臓、レバーです。
c0081499_2121636.jpg


 ・ レバーを大きめにそぎ切りして、塩胡椒で味付け、小麦粉をまぶしてバター焼きしました。ソースは焼汁にレモン、醤油を加えて、粉パセリです。
c0081499_21273159.jpg

 お味は残念ながら、鹿レバーはあっさりし過ぎて、私好みではありませんでした。猪レバーの方が美味しいです。鹿は草食なので、レバーが美味しいという人もいますが・・・・・・・。
# by yamauchi-bizen | 2016-09-11 21:35 | 食物 | Comments(2)

ため池の水抜き栓をつくる

 二ノ樋地区にある、福居池の水抜き栓が長年の使用により、使えなくなった物がありましたので、作りました。

 福居池は我が家のすぐ近くにあるため池ですが、現在は使われていませんので、安全の為、貯水量は半分以下に調整してあります。

 ・ 松丸太を電動鉋で荒削りした後、木工バイスで固定し、鉋で円錐状に削っています。
c0081499_20435096.jpg


 ・ 2個作り、取っ手も付けました。
c0081499_20454680.jpg


 ・ 池の取水装置です。(なんとかと、言っていましたが、名前を忘れました)
c0081499_20482177.jpg


 ・ 作った木栓にマルチ用ビニールを巻き、木槌でたたき込みました。
c0081499_20503750.jpg

# by yamauchi-bizen | 2016-08-12 20:54 | 修理 | Comments(2)

手甲

 先日、手甲を付けて作業をしていると、若い人(私より若いという意味ですが)から、変わったモノを付けていますね、それは何ですか?と言われました。

 確かに、最近は手甲を付けている人は見かけませんが、原木などの重い物を両手で持つ場合、手首の内側を傷つけるのを防ぐ為にはとても良いものです。

 ・ 5枚コハゼ、手甲です。
c0081499_9561886.jpg


 ・ この様に、手首に巻きます。
c0081499_9572786.jpg

# by yamauchi-bizen | 2016-07-10 09:58 | その他 | Comments(2)

マグ カップを削っています

 ・ 水引きした、マグカップの高台を削っています。
c0081499_11202127.jpg


 ・ 口を変形しているので、シッタの一部を削り取って、マグ カップに合わせています。
c0081499_11232197.jpg


 ・ ハンドルをつけて、出来上がりです。
c0081499_11242325.jpg

# by yamauchi-bizen | 2016-06-15 11:25 | 陶芸 | Comments(3)

花の写真

 家内がつくっている、スカシユリがきれいに咲いていますので、久しぶりに花の写真を撮ってみました。

 ・ まず、スカシユリ
c0081499_18311237.jpg


 ・ 赤いアジサイ
c0081499_1832112.jpg


 ・ ヤマアジサイ
c0081499_18345270.jpg


 ・ アジサイの中間、アナベル
c0081499_18363991.jpg

# by yamauchi-bizen | 2016-06-08 18:37 | | Comments(2)

ロースト ベニソン

 鹿肉を色々な方法で調理していますが、オーブンレンジなどという高級品のない我が家の台所で作る、お湯を利用したロースト ベニスンがうまく出来ましたのでアップします。

 ① まず、解凍したモモ肉(ブロック)にオリーブオイル、すりつぶしたニンニク、塩、胡椒をすり込んで、一晩、冷蔵庫へ。

 ② オリーブオイルを引いた、フライパンで表面に軽く焦げ目が付くくらいに素早く焼きます。
 
 ③ 鹿肉をジップロックなどのフリーザーパックに入れます。

 ④ 鍋に水をいれ、温度計で計りながら75℃に沸かし、フリーザーパックの肉を入れます。

 ⑤ 75℃前後の温度を保ちながら、20分間、加熱します。
c0081499_1011256.jpg

 ⑥ 粗熱を取ってから、好みの厚さにカットします。

 ⑦ ソースは、最初に炒めたフライパンに残っている肉汁入りのオリーブオイルに、醤油、ワインビネガーを加えて加熱し、さらにサンショ粉を加えて作りました。 ポン酢で和風味も美味しいです。
c0081499_10173036.jpg

 ※つけ合わせは新玉ねぎのスライス、色目の取り合わせは良くないですが、こちらも美味しかったです。
# by yamauchi-bizen | 2016-04-19 10:23 | 食物 | Comments(4)

備前歴史フォーラム2015

 今日は、毎年、この頃に開かれている、「備前歴史フォーラム」に参加しました。

 今回のテーマは「モノの伝播とカタチ」で、16世紀末から、17世紀前半にかけて備前焼に酷似した焼き物が西日本各地、遠くは加賀(石川県加賀市)で焼かれていた事の研究、発表でした。

 この事は以前から、見聞していたのですが、今回のようにまとめての講演は初めてでとても興味深い内容でした。

 取り上げられた窯は、京都府舞鶴市下安久の「安久窯」、兵庫県豊岡市山本の「山本窯」、石川県加賀市作見の「作見窯」、兵庫県丹波市柏原町下小倉の「大部谷窯」、窯跡は発見されていないが、伝世品の現存する山口県柳井市岩国付近の「獄山窯」でした。

 ・ 中井 淳史 氏(兵庫県立大)の基調講演
c0081499_21131476.jpg


 ・ 今回のフォーラムで頂いた冊子です。
c0081499_21144359.jpg


 ・ 関連の企画として、備前市立歴史民俗資料館で「旅する陶工ー備前焼とどこまでも」というテーマで、各地で発掘された陶片が展示してあります。
2月10日(水) ~ 3月20日(日)  入場料無料
c0081499_2125485.jpg

# by yamauchi-bizen | 2016-03-13 21:26 | 陶芸 | Comments(2)

ヘッジ トリマの替え刃

 おおいに遅れている庭木の剪定中ですが、生け垣のカイズカを刈るために、電動ヘッジ トリマ(苅込機)を使おうとすると切れ味が! 昨年使った時もイマイチだったのですが、6年ほど使っているために刃がダメになった様です。

 買ったHCなどを探してみたのですが、替え刃が見つかりません! 売っているのはM社製の替え刃ばかりで、私が使っているR社製の物はありません。ウームです。

 ネットで探すと、Amazonで5,000円ほど出ていましたので、購入しましたが、本体が10,000円を切る値段だったので、高値感が・・・・・・・。

 ・ R社製のヘッジ トリマと、替え刃(ブレード)
c0081499_2047311.jpg


・ ブレードの取替中です。
c0081499_20481267.jpg


・ とても良く切れて、仕事がはかどりました!
c0081499_20495433.jpg

# by yamauchi-bizen | 2016-02-21 20:50 | 修理 | Comments(2)

窯出のご案内

 新年早々に焚きました、登窯を出しました。

来たる、30日(土)・31日(日)に自宅で、展示販売いたします。寒いときですが、機会がありましたらお寄り下さい。

c0081499_11303515.jpg

# by yamauchi-bizen | 2016-01-29 11:31 | 陶芸 | Comments(1)