窯掃除

 のびのびになっていた、窯掃除をしています。窯本体は終わって、窯道具の掃除です。
SiC(炭化珪素)製の棚板を、金剛砥石やタワシを使って汚れを取っています。溶けた灰などは、デスクグラインダーを使います。この後、アルミナをコーティングをして出来上がりですが、量が多いので大変です。
窯掃除_c0081499_1512716.jpg


これは、ツク(支柱)です。レンガを切ったものも使っています。この後、まとめて、上面にアルミナを塗ります。
窯掃除_c0081499_154828.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-08-08 15:24 | 陶芸 | Comments(4)
Commented by okadasakura at 2009-08-08 17:41 x
猛暑中大変。立派な名作品群の底辺に存在する作業。手抜きせができないので、頑張るしかありません。希望に満ちた明日に向かって、ご精進ください。
Commented by 美濃の茶碗屋 at 2009-08-08 20:03 x
窯道具のメンテ、お疲れ様です。薪焚きですから、手間が掛りますね。カーボランダムは15mm厚ですよね!?サイズは?ところで、昨今の湿気100%の日々で、電気窯の制御ボックスの冷却ファンがイカレたり、PCがフリーズしたりと、思わぬトラブルに見舞われています。
Commented by アーネスト at 2009-08-09 07:37 x
 立秋を過ぎて暑さが夏本番になりました、この時期は室内にいても熱中症になりやすいので、十分な水分補給が必要です。少なくとも一日に2リットル以上、(酒1升は飲めても・・・?)。  熱中症の症状はめまい、頭痛、吐き気、倦怠感など多彩です。 若いころ、炎天下で漕いだボート部出身なので夏は大丈夫と思いますが、ご自愛下さい。
Commented by yamauchi-bizen at 2009-08-09 16:28 x
okadasakuraさん、その通りです。が、暑いですねー。汗まみれになりながら作業をしています。

茶碗屋さん、棚板は厚さ18㎜、420㎜角です。備前での標準サイズは420㎜角、450㎜角ですが、今は450㎜角が多いです。
他に、580ミリ角(厚20㎜)という特注品もあります。

アーネストさん、私は熱中症にならない自信がありましたが、歳を取ると、症状に鈍感になるそうなので気をつけます。
<< 牛窓ジェラート 夏の果物 >>