とんすい を作っています。

 「とんすい」、と言われても、やきもん屋さん以外は聞いた事もないとおもいますが、天つゆ入れや鍋物の取り皿に使われる、小さな柄状のものがついた器といえば分かると思います。

 とんすいは呑水と書き、字の如く、昔は水瓶の近くに置いて、水を飲むのに使用したようです。

 形が面白いので作ってみたかったのですが、縁がほとんどカット面となり、仕上が大変なので今まで作りませんでした。

 作ってみると、マァ 何とかなりました。

 ・ 水引したボディにパスを使って当てをいれ、剣先でカットしています。その後、皮ベラでカット面を馴らします。
とんすい を作っています。_c0081499_14382677.jpg


 ・ 次に、ロクロで底を削っています。碁笥底仕上にしました。
とんすい を作っています。_c0081499_1440122.jpg


 ・ 出来上がりです。
とんすい を作っています。_c0081499_14405413.jpg

by yamauchi-bizen | 2014-08-13 14:42 | 陶芸 | Comments(1)
Commented by 足柄山の65キロじいさん at 2014-09-20 10:02 x
山内さんの体重は、78キロ?
おいらは懸命に体重をおさえて、65キロ。この体重だと、マラソン大会で完走できます。(笑)
<< 今年も、伊勢大神楽が! 備前 表層地質図 >>