修正砥石を作る

 刃物を研ぐ砥石の面は常に真っ平でなくては巧く研げません。
どうしても砥石の中ほどで研ぐようになるので、中ほどが凹んできます。 時々修正(面直し)する必用があります。

 私は、粗砥で直したり、コンクリートブロック面を使って直したりしていたのですが、サイトに100均で売っている砥石で修正砥石(面直し砥石)を作る方法がでていましたので、作ってみると、とても使い良いので、もう一ッ作りました。
作る過程をアップします。

 カンナや、ノミは砥石の水平面が少しでも狂うと研げませんので、包丁やナイフを研ぐ砥石とは別にする必用があります。
そして使ったら、中砥と仕上砥を摺り合わせて常に水平面を保つようにします。

 ・ 100均で売っている、GC(グリーンカーボン)系の砥石で、♯120目と、♯320目の2面が貼り合わせてあるやや小さめの砥石です。(250×50×25㎜)
c0081499_11204014.jpg


 ・ 今回は、320目の面を使いました。レンガを切るダイアモンドカッター刃で、格子状に溝を切ります。この溝が有ることのより、砥石への食いつきがよくなります。
c0081499_11303810.jpg


 ・ 出来た修正砥石です。使う前に充分水を吸わせておきます。
c0081499_1132279.jpg


 ・ この様に砥石の面を擦ると、簡単に平になります。
c0081499_113417100.jpg

   ※ もちろん、自作しなくても修正砥石は売っています。
by yamauchi-bizen | 2015-08-17 11:39 | その他 | Comments(2)
Commented by 足柄山の砥石じいさん at 2015-08-19 11:14 x
100円店で、砥石を売っている。驚きました。
私は、先日ゴムぞうりを、100円で買いました。いい調子です。(笑)
Commented by yamauchi-bizen at 2015-08-19 12:40
足柄山さん、百均にはなんで売っていますが、よく確かめないと200円、300円の物も売っています。
1,000円のモノも有りました!
<< 出刃包丁の柄を替える 伊勢大神楽・坂根八幡宮 大廻 >>