ちょいと工夫?

 時々やりますイノシシや鹿の解体は、死後硬直などの関係で、臓物などを取り除き納屋などにぶらさげておき、次の日にします。
両足首をロープなどで縛り、梁に下げるのですが、腹が開かずよく乾きません。

 参考に獣の解体動画を見ていると、外国の動画に、金属製の道具をアキレス腱を通してぶら下げているのが有りました。

 昨年、真似をして、木製(山から切り出したグミの枝)のモノを作りました。
先日も鹿を解体しましたが、軽トラの上から、簡単にぶら下げる事が出来て便利です。

 ・ この様なモノを、納屋の梁に付けた滑車で吊っています。
ちょいと工夫?_c0081499_14545153.jpg


 ・ 使用例です。
ちょいと工夫?_c0081499_14493393.jpg

by yamauchi-bizen | 2015-11-12 14:56 | その他 | Comments(2)
Commented by 足柄山の鹿じいさん at 2015-11-19 04:10 x
おお、鹿の足が見える。極上の食材で、豊かな食生活。うらやましい。我が家は、むかご。さびしい。
このような木は、たくさんありすぎる。ぶら下げるものが無い。そうだ、タヌキがいる。(笑)
Commented by yamauchi-bizen at 2015-11-21 21:23
足柄山さん、コメント有難うございます。娘さんの話では(FBで)足柄山にも鹿がでるそうではありませんか! 罠で捕まえて、豊かな食生活(?)をしましょう。
<< 忘年会! 鉈の鞘を作る >>