ロクロ座の掃除

 私は、備前伝統の胡坐式ロクロで作陶をしていますが、1年ぶりにロクロ座の掃除をしましたの、その様子をアップします。

 2個の電動ロクロを、水引き、削り専用にして使っていますが、先ずは削り用の、シンポRK-2からです。

 ・ 削りカスなどがすごい量です。ネコ車、4杯ほどもありました。
c0081499_20412471.jpg
 ・綺麗になったロクロ座下、空いているスペースは、亀板などの置場に利用しています。
c0081499_20433600.jpg

 ・ 掃除したロクロ(RX-2)を設置して、出来上がりです。
c0081499_20460535.jpg
 
 
 次は、水引用のロクロ、RX-4ですが重量が135㎏も有ったり、メンテが必要なので大変です。
心配した通り(?)変速レバーなどの取り外しが難しく時間がかかりましたが、やっと終わりました。

 ・ 水引に使っているので、ドロドロです。
c0081499_20525489.jpg
 ・ 135㎏も有るので、取り出しは自作の専用具で取り出しました。側板を開けて、メンテです。
以前のブログにその様子を書いていました。https://yamabizen.exblog.jp/6880606/
c0081499_20572647.jpg

 ・ 変速器への伝達装置ですが、取り付けが大変でした。
c0081499_21002850.jpg

 ・ ロクロ座に設置して終わりです。
c0081499_21020549.jpg



by yamauchi-bizen | 2019-08-09 21:07 | 陶芸 | Comments(0)
<< 伊勢神楽・山本勘太夫社中 花器 >>