ドバミミズについて

 ウナギ釣りの餌は、ドバミミズが最適で、シーズンになると近所で採取していますが、このドバミミズに関して少し調べましたので書かせていただきます。

正式名は、フトミミズ科 クロミミズ属 ハタケミミズだそうです。(日本ミミズ図鑑 より)

 ・ ドバミミズの居るところは、枯れ草や落葉を集めた所、果樹の根元に藁などを敷いてある所、山際の細い排水路の落葉が溜まった場所などです。   少し湿った日当たりの悪いところが好みです。
ドバミミズについて_c0081499_17010424.jpg
                      ※栗の木の根元です。
ドバミミズについて_c0081499_17022034.jpg


 ・ 採取したドバミミズ、沢山取らないで1回分、30匹ぐらいを取ります。
ドバミミズについて_c0081499_17071077.jpg

 ・ 時々、ノラクラミミズが居ます。ハタケミミズより大きく動きは鈍いです。上がノラクラミミズで、下がハタケミミズです。
ドバミミズについて_c0081499_17100920.jpg

 ・ ドバミミズは暑さと乾燥に弱いので、8月初旬になると居なくなります。ウナギも水温が上がると釣れなくなるのですが、大雨が降って川水が濁ると釣れることがあります。その為、私はミミズの保管場所(日陰のビワの木の下)にミミズを飼っています、稲わらで屋根(?)を作り、二日に一回ぐらいに水をたっぷり掛けています。
ドバミミズについて_c0081499_17175391.jpg





by yamauchi-bizen | 2021-08-07 17:22 | ウナギ | Comments(2)
Commented by nobrin-7 at 2021-08-28 10:53
大雨になる前のことです。
山小屋の側溝に落ち葉がたまり埋まってしまっているのだが、そこにミミズが住んでいる。イノシシが時折ひっくり返して食べているのだが・・・猛烈な日照りが続き側溝の落ち葉や腐葉土になり損ねた土がカラカラに乾き、それが風で飛ばされてしまった。なんと、大量の乾燥ミミズが側溝の底にビッシリ・・!と敷き詰められていた。イノシシが掘る訳だ・・・
Commented by yamachan at 2021-08-31 20:43 x
山際の側溝には、雨で落ちてミミズが居ますし、場所では流されたミミズが大量にいます。イノシシだけではなく、私もそういう場所を狙って取っています。
研ぎ台を作る >>