竹割の柄

 ヘラや、トンボなど作陶には、竹で作った道具をよく使います。もちろん、自作で竹を割る道具に、竹割をつかいます。

今使っている竹割を共枝で使い難いので、木柄に作り直しました。

 ・ 柄の丸い部分を切り落とした、竹割と柄にする、山グミです。
竹割の柄_c0081499_18153926.jpg

 ・ 山グミをカンナや、ヤスリで柄の大きさに削り、半割にして竹割の柄に合わせています。
竹割の柄_c0081499_18165892.jpg
 ・ 彫刻刀、ノミなどで柄の入る部分を彫っています。
竹割の柄_c0081499_18221688.jpg

 ・ 4㎜の真鍮棒をピンにする為、穴をボール盤で開けました。
竹割の柄_c0081499_18242360.jpg

・ ボンドで接着し、ピンを打ち、サンドペーパで形を整えて出来上がりです。 ついでに研ぎました。
竹割の柄_c0081499_18313875.jpg






by yamauchi-bizen | 2023-12-02 18:34 | その他 | Comments(0)
<< 登窯に炭穴を開ける >>