チェンソーのキャブレター !

 友人に頂いた チェンソー「共立ECHO CS3000」を使っていましたが、調子が悪くて修理に出しても良くなりませんので、新しいチェンソー「Husqvana 135 Mark Ⅱ 」を購入しました。
 ECHO CS 3000は、バー、ソーチェンを新しくしたばかりなので、何とか復活(?)出来ないかとネットで検索してみると、どうもキャブレターのダイアフラムが悪い様です。古い機種なので、部品名を知ろうとヤマビコの取説サイトに接続しても 出てきません。
YouTubeを見ると、似た機種のキャブレター掃除、ダイアフラム取替のサイトが有りましたので、参考にダメモトでやってみました。
 結果は成功! ちゃんと動くようになりました。

 ・ 共立ECHO CS3000 、エンジンはかかるのですが、使っていると止まります。
チェンソーのキャブレター !_c0081499_17531814.jpg
 ・ キャブレターは、本体の前方についています。邪魔になるので、バーやソーチェンを取り除き、エアーフィルターを外したところです。
チェンソーのキャブレター !_c0081499_17564102.jpg
 ・ 給油パイプ、アクセルコード、チョークなどを外して、何とか取り出そうとしています。
チェンソーのキャブレター !_c0081499_18002477.jpg
 ・やっとの事で、取り出したキャブレター、Walbro WT B3 254 の刻印があります。
チェンソーのキャブレター !_c0081499_18034453.jpg


・硬化したダイアフラムを取り除き、同じ物を購入すべくネット検索すると、リペアセットとして社外品が沢山出ていましたので、Amazonに注文しました。
チェンソーのキャブレター !_c0081499_18055593.jpg
 ・部品をばらしてキャブ クリーナー、パーツクリーナーなどを使って洗浄したところ、汚れがどっと出てきました。これも原因かも。
チェンソーのキャブレター !_c0081499_18175780.jpg
 ・ ダイアフラムのリペアセットが届きましたので、同じ形の物を選んで組み立てました。ニードル、アーム、バネの取り付けが大変でした!老眼で、緊張すると手が震えます、とても小さい部品なので、一時間ほどかかりました。
組み立てて、エンジンをかけ L(低速)H(高速)の調整もして、使える様になりました。写真はダイアフラムセットです。
チェンソーのキャブレター !_c0081499_18230807.jpg


by yamauchi-bizen | 2024-03-24 18:36 | 修理 | Comments(0)
<< チェーンソーで、板を作る。 >>