オオイヌノフグリ

 1週間ほど前から、道ばたにオオイヌノフグリが咲いています。
毎年、この花を見るたびに、もう春だなー、しかし物(素地)が出来ていないなぁと焦ります。

 しかしこの可憐な花に無粋な名前ですね。(よく言われている事ですが)
オオイヌノフグリ_c0081499_142967.jpg

by yamauchi-bizen | 2007-02-18 14:30 | 自然 | Comments(3)
Commented by 美濃の茶碗屋 at 2007-02-19 08:52 x
今年は春が早いですね。オオイヌノフグリは可愛いですが、本物はとても可愛いとは思えませんね。それにしても「何で!?」こんな名前にしたのでしょう。美濃の里山では、白花の「馬酔木」が咲いています。名の通り馬が食べると酔うそうですが、観て見たいですネ!
Commented by yamauchi-bizen at 2007-02-20 18:17 x
茶碗屋さん、植物図鑑によると、在来種で実が犬のふぐり(睾丸)に似てるイヌノフグリがあり、帰化植物であるこの種の花が大きかったので大(オオ)がついたそうです。
Commented by 足柄山のフグリ at 2007-02-23 14:43 x
山内さん、足柄山もフグリがたくさん咲いています。(笑)私はこの名前が何となく好きです。今の若い子に、その意味が分かるかな。(笑)
<< 左馬飯碗 熊山石積遺構(国指定) >>