オニフスベ

 台風13号の影響で不安定な空模様です。TVニュースでは岡山への直撃はないですが、今年初の日本列島上陸となりそうです。
 
窯場の片付けの行と、「オニフスベ」が二ッも出ていました。オニフスベは昨年も見かけましたが、ホコリタケ科のキノコです。
大きさは15㎝ぐらいで、ネットで調べると食用になるそうですが、食べる気はしません。フスベとはコブ(瘤)のことで、鬼のコブ、と言う意味で、大きな物は40㎝ぐらいにもなる物も、と書いてありました。

オニフスベ_c0081499_095197.jpg

by yamauchi-bizen | 2008-09-19 00:19 | 自然 | Comments(8)
Commented by ishidenen at 2008-09-19 07:47
少し不気味ですねえ。
食べられるといわれてもねえ(笑)
我が家にもキノコが出ました。(ブログ観てください)
調べていませんが食用でしょうか?
Commented by okadasakura at 2008-09-19 08:53 x
フスベが瘤。博学。キノコの名前も、よくご存知なのには敬服。写真もきれい。当方、ホトトギスの花が咲き始めたので、カメラと思っただけで、未だ撮影していません。祈る、ご健闘。
Commented by yamauchi-bizen at 2008-09-19 12:42 x
Ishiden亭主殿、見せて貰いました。コメントは貴ブログに書かせていただきます。

okadasakuraさん、昨年、見つけて時に名前を調べました。キノコは詳しくありません。
Commented by ceramistbamboo at 2008-09-19 22:57
ウチの裏山でもたまに見かけます。
でも食用になるとは!
Commented by yamauchi-bizen at 2008-09-20 08:49 x
Bambooさん、食糧危機にでもなれば、これも食べなければ、、、、、。
Commented by 足柄山のオニフスベ at 2008-09-20 09:19 x
自宅の庭にも、時々生えますが、私も食べたことがありません。アミタケは味噌汁に入れて食べます。
Commented by アーネスト at 2008-09-20 11:26 x
 台風一過、久しぶりに青空です。 大雨のお蔭で庭木の水遣りの手間が省けましたが、地面が湿ったためか妙な草の芽が生えてきています。我が庭には写真のような茸は見当たりませんが、イチジクの木の下に植えていた彼岸花とヤブランが蕾を開きました。 暑さから 早く逃れたいものです。
Commented by yamauchi-bizen at 2008-09-20 20:28 x
足柄山さん、アミタケはこちらでは「ジイタケ」と言い、いくらでもあったのですが、最近は無くなってしまい、食べていません。

アーネストさん、同じくヒガンバナの蕾が田の畦に沢山見えています。暑さも諺通り、彼岸まで、となってもらいたいものです。
<< つる付花入を作る スズメバチ >>