カテゴリ:自然( 65 )

初夏!

 モノ作り、窯詰と私にとっては大変な仕事が続き、やっと窯に火が入りました。

 季節は、はや初夏、我家の門の前では、夜になるとホタルが光っています。ゲンジボタルではなくて、ヒメボタルですが。

 ・ ビックリグミも色づいて来ました
初夏!_c0081499_21444376.jpg


 ・ 咲き始めた カシワバアジサイ
初夏!_c0081499_21453654.jpg

by yamauchi-bizen | 2009-05-21 21:48 | 自然 | Comments(9)

山笑ふ

 春爛漫、桜花は盛りをすぎ、桃花が満開。春の季語に「山笑ふ」がありますが、まさにその、山が笑っているような季節になりました。

 近所で撮した、「笑う山」をアップします。ご覧下さい。
山笑ふ_c0081499_14175947.jpg

山笑ふ_c0081499_14332389.jpg

 ちなみに、山笑ふは、「臥遊録」という書物の中に、「春山は淡治にして笑うが如く、夏山蒼翠にして滴るが如く、秋山明浄にして粧が如く、冬山惨淡にして眠るが如し」とあり、この文中から取られた季語です。 
春 - 山笑ふ 夏- 山滴る 秋 - 山装う  冬 - 山眠る
by yamauchi-bizen | 2009-04-09 14:35 | 自然 | Comments(6)

オニフスベ

 台風13号の影響で不安定な空模様です。TVニュースでは岡山への直撃はないですが、今年初の日本列島上陸となりそうです。
 
窯場の片付けの行と、「オニフスベ」が二ッも出ていました。オニフスベは昨年も見かけましたが、ホコリタケ科のキノコです。
大きさは15㎝ぐらいで、ネットで調べると食用になるそうですが、食べる気はしません。フスベとはコブ(瘤)のことで、鬼のコブ、と言う意味で、大きな物は40㎝ぐらいにもなる物も、と書いてありました。

オニフスベ_c0081499_095197.jpg

by yamauchi-bizen | 2008-09-19 00:19 | 自然 | Comments(8)

スズメバチ

 一昨日、庭のツバキの木の下を通りかかると、大きなスズメバチの羽音が聞こえましたので見上げると、スズメバチの巣が有るでは有りませんか!
見えにくい所に作っていたので、今まで気がつきませんでした。

 スズメバチは8月終わり頃から、オオスズメバチ(山の倒木や、地中に巣を作る大型のスズメバチ)に幼虫をさらわれる為に警戒心が強くなり、巣の下を通るだけで人を襲うことがあります。
無益な殺生は嫌ですが、巣を取りはらうことにしました。

 スズメバチは夜間、動きが不活発になるので、昨夕6時30分頃に、雨合羽、ゴム手袋、防塵メガネ、タオル、長靴、と完全防護服(?)に身を固めて、テロとの戦いならぬ、スズメバチとの戦いでした。
 
 ・武器はこれ、アブハチ用 マグナム アースジェット(¥1,260)、約40秒間ほど、至近距離から空になるまで浴びせかけました。
スズメバチ_c0081499_930219.jpg


 ・戦果、頭大の殻に3段の巣があり、幼虫がうごめいていました。ハチの死骸からキイロスズメバチだと思います。南無阿弥陀仏
スズメバチ_c0081499_9332069.jpg

by yamauchi-bizen | 2008-09-13 09:39 | 自然 | Comments(9)

アブラゼミ(油蝉)

 早くも8月、本格的な暑さと共に アブラゼミが、ジィ~ ジィ~とうるさく鳴いています。

 我家の庭にも沢山の抜け殻がありますので、昨夜、8時頃に裏庭に出てみると、居ました!羽化したてのアブラゼミが何匹もアオキの葉にぶら下がっています。どうも、夕立などで土が軟らかくなると出てくるようです。

 羽化直後は白色ですが、段々と茶色になり、やがて飛び立って行きます。アブラゼミは成虫になるまで6年かかるとのことですが、なかなか大変ですね。


  ・右が羽化直後の白いアブラゼミ、左のはだいぶ茶色になっています
アブラゼミ(油蝉)_c0081499_11371936.jpg

by yamauchi-bizen | 2008-08-01 11:39 | 自然 | Comments(8)

カナブン、スズメバチ

 庭に、タマムシの死骸が落ちていました。とても綺麗な色です。

 先日、楡(ニレ)について サイトを調べた時に、タマムシの成虫は楡の葉を食べる、と書いてあったのを思い出し、ひょっとして、近所の楡の木に居るのではないかと見に行きました。
すると、タマムシならぬ、カナブンと、スズメバチがたくさん来て、樹液を吸っていました。

 カブトムシでも来ていないかな、と時々見るのですが、カナブンとスズメバチのみです。
カナブン、スズメバチ_c0081499_1754639.jpg

by yamauchi-bizen | 2008-07-28 17:56 | 自然 | Comments(9)

アキニレ

 皆さん、アキニレ(秋楡)という木をご存知ですか?

 川の土手、山際などに生えていて、この辺りでは「ネバの木」と呼んでいますが、本名がわからず、気になっていました。
先日、知人の家に行くと、この木が庭木として植えられているではありませんか。訊ねてみると「ニレケヤキ」だと教えてくれました。

 サイト検索をしてみると、アキニレの事で、盆栽などにすると、ニレケヤキ(楡欅)とも呼ぶことがある、と書いてありました。

 近所の山際にある、アキニレの大木(7,8mの大きさ)の写真をアップします。このアキニレは材が堅いので、木槌や、カケヤにします。私も窖窯を作る時、基礎を突き固める「タコ」を作るのにこの材を使いました。
アキニレ_c0081499_15325066.jpg


葉は小さくて、4,5㎝です。噛むとネバネバするので、ネバの木と呼びます。
アキニレ_c0081499_1534263.jpg

by yamauchi-bizen | 2008-07-02 15:38 | 自然 | Comments(8)

アオサギ

 自宅前の田に水が入り、田植えされた稲が育っています。
以前からこの辺りをテリトリーにしている、アオサギが毎日、餌を求めて水田にいます。

 持っていた、Pentax用望遠レンズ(70~200㎜)をデジタル一眼につけ、テストを兼ねて撮ってみました。

アオサギ_c0081499_9343090.jpg

 
ピント合わせは久しぶりの手動、手持ち撮影ですので、この飛んでいる写真は何枚も写し、選択してのアップです。
アオサギ_c0081499_935513.jpg

by yamauchi-bizen | 2008-06-25 09:37 | 自然 | Comments(10)

池のカエル

 又もや庭の池のお話です。2年ほど前から、池にウシガエル達が住んでいますが、このウシガエルは例の「ウオーッ ウオーッ」という大声で鳴かず、「ゴーゥ ゴーゥ ギャ ギャ」と普通(?)声で鳴いていますし、体長もやや小形です。

 日本化したウシガエル!!  トノサマガエルとの混血!! それとも未だ、子供だからかな、などと思っています。
写真をアップしますので、ご覧下さい。

  ・3匹のうち 一番大型で、体長(頭から尻まで)約9㎝ぐらい
池のカエル_c0081499_2045941.jpg


  ・コウホネの茎の間に浮かんでいます
池のカエル_c0081499_20463279.jpg


  ・一番小さくて7㎝ぐらい、警戒心はほとんどなく、カメラを持って近づいても平気です
池のカエル_c0081499_22284433.jpg


【追記】
 okadasakuraさんから、「ダルマガエル」ではないでしょうか、とのご指摘があり、サイトを検索しましたところ、「ダルマガエル」に間違いない、と思われます。
 ダルマガエルの存在は知っていましたが、まさか我家にいるとは思いもよりませんでした。
 ※ダルマガエルのサイト 
http://www.hkr.ne.jp/~rieokun/frog/daruma.htm
by yamauchi-bizen | 2008-06-17 21:00 | 自然 | Comments(10)

ヒナゲシ

 近所の空き地に野生化した、ヒナゲシ(ポピー)の花が咲き乱れています。
土地も痩せていますので、小形(15~20㎝ぐらい)ですが、可憐な花が春風にそよいできれいです。

 あんパンの上にのっている、ケシの実もこのポピーなどの実です。
あんパンは、中身がわかるように、ケシの実 - こし餡、 ゴマ - 粒餡、をのせてあるそうです。
ヒナゲシ_c0081499_8585557.jpg

by yamauchi-bizen | 2008-04-22 09:00 | 自然 | Comments(8)