<   2019年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ナイフのシースを作る!

 モーラナイフのブレードだけを買って、柄を自作して猪の解体に使っています。他の解体ナイフの様にシース(鞘)が無いので箱に入れて仕舞っていますが、何かと不便です。

 ネットで革製のシースを作るサイトを見ていると、私の悪い癖で(?)自分で作ってみたくなり、作ってみました。
専用の道具が要りますが、菱目打ち、針、トコノール(仕上げ剤)、材料の革などの基本的なものだけを購入しました。


 ・ まず、型紙作りです。
ナイフのシースを作る!_c0081499_19073128.jpg
 ・ 型紙通りに、カッタ-ナイフで革を切って行きます。(皮切包丁が良いそうですが、ここは倹約)
ナイフのシースを作る!_c0081499_19090802.jpg

 ・ 納屋の壁にナイフをぶら下げたいので、先ず、ベルトループを接着です。
ナイフのシースを作る!_c0081499_19213960.jpg
 ・ 後、刃の当たる部分の「なかご」をカットしたりして、全体を接着します。接着はゴム糊で、ゼムクリップで圧着しています。
ナイフのシースを作る!_c0081499_19294485.jpg
 ・ 2ミリ目の菱目打ちで糸穴を開けていきます。
ナイフのシースを作る!_c0081499_19350971.jpg
 ・ 菱目打ちであけた穴を、専用の糸(蝋引)で縫います。
ナイフのシースを作る!_c0081499_19511751.jpg
 ・ 出来上がったシースを水に漬けて軟化させて、ナイフを入れてなじませます。
ナイフのシースを作る!_c0081499_19535565.jpg
 ・ 一日ほど乾燥させて、保革油をたっぷり塗り込んで、完成です。仕上でのカットが上手くゆかず、やや縫い目がずれていますが、初めてにしては、マァマァの出来だと思います。
ナイフのシースを作る!_c0081499_19565719.jpg
  ※ 参考にした、サイト https://www.youtube.com/watch?v=t_Qg0qhqXqQ






by yamauchi-bizen | 2019-12-21 20:09 | その他 | Comments(0)

鳶口

 丸太や原木の移動に使う、鳶口(トビグチ)と言う道具がありますが、一般的なものではありませんので、見かけませんし、有っても高価です。
 関連ページをネットで見ていると、安い片手鳶口が有りました。クヌギ等の太い原木を玉切りし、割る時に有ると便利なので購入しました。
 しかし、どうも同じ会社が販売している、手斧と同じ柄を使うためか、斧の様な頭が大きすぎて重いです。
頭を少し削って、改良しました。

 ・ 鳶口の頭の部分、斧の様です。
鳶口_c0081499_11092167.jpg
 ・ 電動グラインダーで削りました。
鳶口_c0081499_11143845.jpg
 ・ 更に、ヤスリ掛けして滑らかに。
鳶口_c0081499_11155248.jpg
 ・ ペンキを塗って、完成です。
鳶口_c0081499_11170585.jpg
 ・ この様に、丸太に打ち込んで使います。
鳶口_c0081499_11185894.jpg
  ※ 販売している、PLOW(プラウ)の楽天ページ https://item.rakuten.co.jp/honda-walk/c/0000001339/


by yamauchi-bizen | 2019-12-04 11:38 | 修理 | Comments(0)